【FGO】PU2&オリュンポスクリア感想まとめ

2020年8月10日

 

※PU2、クリア感想、どちらもネタバレになりますので、無理!! という方はブラウザバックお願いします

 

実装から一週間となった2部5章オリュンポス、無事クリアしています。アリスです( ´ ▽ ` )ノ
ここからはネタバレに触れていきますので、『まだプレイ中!』『ネタバレ無理!』という方はリターンお願いしますね!

本日ですが、実装されたピックアップ2とオリュンポスクリア感想いこうと思います!

 


ピックアップ2は『ロムルス』のみ

 

本日実装された『PU2』ですが、ピックアップされたのは新規★5鯖『ロムルス=クィリヌス』のみ、です

そうか~……。ストーリー的に武蔵ちゃん活躍したし同時ピックアップもありうるんじゃ、と思ってたけどなかったかぁ
もう2年はきていないという武蔵ちゃん。ここで出ないんだと、一体いつPUくるのかなぁ(持ってない

 

★5 ロムルス=クィリヌス(ランサー)

ストーリーで最後の方に出てきたグランド、ロムルスが実装です。クラスはランサーです
これはまずくるだろう思いましたが、やっぱりきましたね~
★5ロムルスは期間限定鯖で、バスター全体攻撃宝具となっています

ざっくり紹介すると、ロムルスの特徴はその宝具にあります

ロムルスの宝具は『ローマ特攻』……相手にローマ特性が多いほど威力がアップする、という宝具なんです
そのローマ特性はどう付与するのさ、というと、スキル1で5ターン持続するものを付与できて、さらに、スキル3でクリティカル攻撃するとローマを付与できたりします
さらに、スキル2では自身に回数無敵を付与でき、さらにNPもチャージできるので優秀! 使いやすい! です!

が、アリス的には、ローマ!! はそんなに趣味じゃないのでスルーなのです( ˘ω˘ ) 全体バスター宝具ランサーはカルナ、エレちゃんといるので間に合っているのだ

 

もう一度PU1を引く

 

ローマ!! よりもアリス的にはPU1のディオスクロイの方が気になるので、今一度! もう一回だけ! 10連を回すぞ…!

ディオスクロイ、恒常鯖ですが、宝具に『無敵貫通』『防御無視』がついてるので高難易度で使いやすいし、アーツ多段宝具なので回収もわりかししやすいという良鯖なのです。欲しい。ぜひ欲しい…!
しかし、引くのは10連だけです
なぜかって? もうすぐGWで、GWにはコラボでレクイエムが来ると決まっているからです…!

コラボ、と大々的に言っているわけですから、ガチャも来ると思うんです…
そのときに石がなかったら後悔すると思うので、レクイエムのために取っておくのです

前置きが長くなりましたが、いざ! ポチッとしたら…金回転! 金回転だ!! クラスは……セイバー!!!

うわあああああ(´;ω;`) 出たあああああやったあああああ

やりました! 引けました! やったぞーー!!

 

今回ゲットした新鯖

種火もなくてまだ強化が全然ですが、ディオスクロイ引けました!

ディオスクロイは、高難度にピッタリな『無敵貫通』『防御無視』のアーツ攻撃多段宝具が特徴のセイバー鯖です
即時NPチャージスキルや星獲得スキルがない&火力がイマイチという欠点はありますが、高難度などのギミックに対応できる鯖として持っておいて損はないと思います( ´ ▽ ` )ノ

しかし、強化に必要な素材がえぐいので(オリュンポス&アトランティスの素材が結構必要)育成には苦労しそうです😢 頑張ります…!

★4の新しい礼装も出ました。これ、凸ればわりと使えそうな可能性を感じますが…凸るのにどのくらいかかるだろうか💦

 


オリュンポスクリア後のネタバレ話

 

はい、ここからはクリアした『オリュンポス』の話をしていこうと思います

 

↑ 途中までは前の記事で触れています

今回も気になった点をピックアップでいきますよ~。伏せませんのでご注意あれ!

 

ゼウス戦、グランドのロムルスについての説明が少なすぎてしっくりこないまま終わってしまった

本来なら盛り上がるはずの異聞帯の王ゼウス戦が、解説役に適任のホームズがいるにも関わらず『なぜこうなのか』という説明が少なすぎてしっくりこないまま始まり、しっくりこないまま終わったのがなんとも残念というか、どうしてそうなった、という感じで。。

これ、アリスもツイッターで見たかじり知識なのですが…

ゼウスを倒すのになぜ『アレス』『ロムルス』が必要だったのかというと、ギリシャ神話のゼウスは最強の絶対神(これはゲーム中でも何度も強調されていた)だけど、ローマ神話ユピテルとなるとマルス、クィリヌスと並んだ三柱神のうちの一柱にすぎなくなる

ここで冠位ロムルスの特性で『ある場に存在するすべてのものにローマ特性が付与』されたなら、ローマ属性となったゼウスは『絶対神ゼウスではなく天空神ユピテル』であり、三柱のうちの一柱の神にすぎなくなる

さらに、マルスであるアレス、クィリヌスであるロムルスがカルデア側につくのなら、2対1でこちらに勝ちが巡ってくる……という、本来はそういうアツい展開だった

ということらしいのです。ハイ

これはよほど調べているか神話に詳しくないとわからないですよね💦 ホームズ解説してよ~~イマイチ盛り上がれないまま終わっちゃったよ~~~

 

ゼウスの動機が薄い

今回『絶対神』『オリュンポスの王』ともりもり設定で出てきたゼウスが、誰でも知っている神様の一人だろう有名なゼウスが、どこか遠くの宇宙から飛来した機械であり、地球にきたのは条件に一致する惑星を探し続けての偶然の結果だった、みたいな話で「うーん……」ってなりました
最後の方、分が悪いと悟ってからはここまで庇護してきた人間を捨てる気満々だったし、せっかくのゼウスのネーミングがなんだか残念だなぁという感じで…
たとえばゼウスのしたいことって、オリュンポスの異聞帯でなくてもいいし、この地球でなくてもよかったんですよね

これまでの異聞帯は、その異聞帯を存続させる意義というか意味というかがあり、その異聞帯特有の理由とかもあったのですが…そういったこれまで大事にされてきたモノが薄かったかなぁ
その意味では4章のユガ・クシェートラは良かったですね。今のところあの話が一番好きかも

 

武蔵ちゃんの展開は個人的に好きだった

2部から本格的に出て来た武蔵ちゃんが今回(一時的に?)退場してしまった展開は、個人的にはとてもアツくて涙ジワッときました。あのあたりが一番盛り上がったかも

次のピックアップがくるときには、宝具モーションリニューアルとか、強化とか一緒にきてパーッとお祝いモードにしてあげてほしいなぁ

 

キリシュタリアの掘り下げはとても良かった

人間なのに相変わらずぶっ壊れな強さのキリシュタリアですが、ここまで「彼がクリプターのリーダーだ」ということしか伝わってこず、何を考えているのかなどはよくわからないままでした
今回、彼は彼なりに地球に生きる人類のことを考えていたのだなぁ…ということがわかって、なんだか寂しくなりましたね

力もあるし、クリプターのリーダーである彼は異星の神から監視されていて、自由な言動がなかったとはいえ…クールキャラかと思いきや、実はわりと愉快な人だったともわかったし。彼とは違った立場で出会いたかった😢

 

わざわざ助けたエウロペの影が薄い

助ける必要はない(異聞帯が消えたらどうせみんな消えてしまう)のにわざわざ助けに行ったエウロペが、最後の方、あまりに影が薄くて「ええ…?」ってなりました
いや、主人公藤丸たちを魔術で送ってくれたのは大きな功績だと思うんですけど。双子の最後は描かれたけど、そこにエウロペがいなかったのがなんだかな、と。あんなに救出にこだわったのになぁ

 

最後! ギャグ展開か? と思ってしまった

一番ガックリきたのは、最後ですね
最後の最後。キリシュタリアが頑張ったにもかかわらずベリルのクソ野郎のせいで台無しになり、ついに降臨した異星の神。それが…まさかのオルガマリー、とは……
いや、どっかでヒョコッと出てくるかもなぁとは思ってたんですけど。まさかここで出てくるとは…w

なんというか、驚きとともに笑いがこぼれてしまったというのが正直なところです
一体どういう状況があってこうなったのかが不明なんですが、これから解き明かされていくのかなぁ。なんで所長なのか…そこに意味がないならそれはそれでえってなるけど

 


 

ということで、ハイ。長々と語りましたが、アリスが感じたのはこんなところです

ここまで2部は『空想樹伐採!』が目的でしたが、オリュンポスで異星の神が成ってしまったので、今後の展開がまったく予想できなくなりました( ゚Д゚)
次にくるとしたらリンボ関係で小休止とかきそうですが、どうかなぁ。どうかな~

とりあえず、次のFGO注目ポイントはGWのレクイエムコラボですね
それまではフリクエなどで石を回収して待つとしましょう! ディオスクロイ育成もしなきゃ…!

 

以上、アリスでした( ´ ▽ ` )ノ

 

ランキングに参加中です! ポチッとしてもらえると励みになります❤(ӦvӦ。)

 

 にほんブログ村 ゲームブログへ