【FF15】DLC『エピソード イグニス』そのろく

 

本日はエピソード『アーデン』の配信日!

こちらのDLCの前日譚、アニメの方を見てからのプレイをお忘れなく!

アーデンDLCは軒並み好評みたいなのでプレイが楽しみですね~!
さっそくプレイしていきたいところなんですが…ハイ。中途半端になってしまいますし、今日はエピソードイグニスの続きをいこうと思います(´・ω・`)

 

↑ 前回の記事はこちらからどうぞ

 


ヤツの登場

前回、『王族のせいで母を失い、今度は妹までも失った』と半ば八つ当たりする感じで剣を抜いたレイヴス。ノクトを狙うその刃を、イグニスは当然止めます。見過ごせませんからね…

結果、ここまで味方、戦力として頼もしかったレイヴスとまさかのタイマンバトルとなったわけです(´・ω・`)
手強すぎてSS撮る暇が全然なかった(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)
戦って感情を発散したことでか、戦いを終える頃にはレイヴスも落ち着きを取り戻してくれました
彼も、本当はわかっていたのでしょうが…。それでも、家族を失って抱える胸の空虚を叫ばずにはいられなかったのでしょう…

※ここからが今日の回です

えー、全然撮り忘れてたんですが…ここへグラディオが駆けつけます。グラディオ一人が。あれ、プロンプトは?(´・ω・`)
そのグラディオ。イグニスの「プロンプトは?」の声には答えず、ルーナを失ってうなだれているレイヴスを見て「絶好のチャンス かな」とぼやきます
んん? チャンスとな…?(´・ω・`)
グラディオはレイヴスに足蹴にされたりしてますが、だからといって剣も抜いてない無防備な相手に絶好のチャンスとは言わない気がするんだけど…
問答無用で斬りかかったグラディオ! しかし、レイヴス防いでみせました! そして言う言葉は…「アーデン」
え、アーデン?? アーデン?

アーデン~!?Σ(゚Д゚)
コイツ変身能力とかあるの!?w 初耳…!
というか、よく気付いたなレイヴス(;´Д`) イグニスだって違和感は感じてもアーデンとは思ってなかったろう…
まさかのアーデン登場に、さらに帝国兵もぞろぞろと!

これは多勢に無勢じゃん…! イグニスもレイヴスも制圧されてしまったΣ(´∀`;)
どうする!?

アーデン、ノクトをやる気満々ですね…
チャプター9に入るまでの胡散臭いけどフレンドリーなおじさんアーデンは消えてしまった…。ノクトを恨んでいる。そんな感じすらしますよ
ナイフを手に振り下ろそうとすらする…! 絶体絶命! イグニスは動けないぞっ
しかし、アーデンのナイフを牽制するように、アーデンの帽子をふっとばすナイフの一撃が…!?

レイヴス! さすがの身体能力! 拘束されてたのに振り切ったんだね…!
アーデンの関心がレイヴスに移り、帽子を吹き飛ばした罰か、邪魔をした罰か…闇属性っぽい攻撃でレイヴスを吹き飛ばしたΣ(´∀`;) やっぱただもんじゃないな、アーデン……
無造作に転がされたノクトの手から落ちたのは、指輪です。そう、光耀の指輪です

この指輪は王となる人間しか認めず、つけることを許しません(この辺りは映画を見るとよくわかります
王でない者が指輪をつけ、その力を行使する場合、大きな代償が伴います
だけどこれは…イグニス、まさか……
と、ここでアーデンがなぜか「ここで死ぬか、君がオレと一緒に来るか」という謎の提案をしてきますΣ(゚Д゚)
ただし、DLCが初めての場合は戦うしか選択できません(´・ω・`) なので戦うしかない~
2周目はついていくを選択しよう…✍
イグニス、帝国兵の拘束を振り切り、したことは……指輪をはめること!

苦しそうなイグニス(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

イグニス
『王の剣がその身を犠牲に 指輪の力を使ったと聞いた』

そうなんです。ここは映画の部分です
しかし、映画を見た方はわかるとおり…王族の身でなく指輪を使ったレイヴスは腕を失いましたし、王の剣の彼も、犠牲となりました(´・ω・`)
指輪をはめて力を使うということは、即ち、そういうことなのです
イグニスが失明した理由は…そう。指輪の力を行使した代償。そういうことなのです…
しかし、多勢に無勢、しかもアーデンに対抗するとなれば、そのくらいしか手がないのも事実

視界が黒く焼けていく……(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

 

指輪の力を借りたイグニスVSアーデン! そして…

本来なら王族しか扱えない光耀の指輪の力を借りたイグニス。代償は承知の上です

素の視力は失ったのでしょうが、指輪の力が今代わりに宿っていて、見えてるんですかね

なんだかいつもより強そうだぞ! 瞬時にワープしたし!
しかし、それはアーデンも同じこと。この状態でようやく渡り合えるって感じか…

アーデンは帝国兵も呼んだりする? ので、気をつけないと雑魚にダメージを食らったりしまう(;´Д`)
ハイ、あの、ここも一生懸命戦っててSSが全然撮れてないです……(´・ω・`)
全力で戦うイグニスですが、やはりアーデンが上でした…
「今日はここまで」そんなおどけた調子でアーデンは引き上げてしまいます。イグニスの覚悟に見逃してくれた? のかなぁ…

力尽きて転がるイグニス。帝国兵とアーデンの姿はないので、引き上げてくれたんでしょう

レイヴスもいました! 無事だったか~

しかし、これは…。イグニス(´;ω;`) そりゃあ目が見えなくなるはずだよ…
たった数分。それだけの行使でも目を失ってしまうんだな…
レイヴスは己の傲慢で指輪を手にし、歴代の王達の怒りを買って腕を焼かれて失いました
王の剣の彼は、夜から朝まで。その時間指輪の力を行使して戦うことで、全身を灰にして、消えていきました…
代償が大きいなぁ。指輪よ…

覚悟を見せたイグニスに、レイヴスの目も覚めたんでしょう。「オレはオレの決着をつける。ノクティス。待っているぞ」と言い残して去っていきます
イグニスが認めたノクト…。信じてみたくなったんでしょう。神凪としての務めもあるしね
レイヴスとすれ違う形で、グラディオとプロンプトが二人のもとに駆けつけます

指輪……(´・ω・`)

 

エンディングで、ストーリーでは語られなかった部分も

チャプター9の終わりに、オルティシエの宿屋でノクトは目を覚ましましたよね
その後、ノクトやイグニスの体調のこともあって、何泊かしたんでしょうね。そのときのとあるシーン…という感じで、ノクトとイグニスの会話があるんです
イグニスは、ノクトに「旅はここまでにしないか」と言います
なぜそんなことを言うのかといえば…全クリした人は別に良いシーンなんですが、このDLCをチャプター9のあとにやった場合、ネタバレがあるんですよね…w イグニス的には未来を見せられた、といいましょうか
なので、イグニスはノクトの未来を案じているわけです
しかし、ここで旅をやめたら…この道のために散っていった、すべての命に顔向けができないと、ノクトは声を荒げます。そうだよね…ルーナだってそうだもんね……(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`) 苦しいけど、歩みを止めることは、できないんだよね……

さらに、エンディングのあと…こう、キャンプのシーンがあるんですけど。これがちょっと泣けました(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)
このDLCの最初の始まりのシーンと重ねてくるとはなんとも卑怯な演出…!
ネタバレになってしまうので詳しく書かないのですが、良かったです! エピソードイグニス! むしろこれは失明の理由といいちゃんとメインストーリーに盛り込むべき! ネタバレ要素をなくして!(

 


 

詳しく語ってしまうとネタバレぇ~! ってなってしまって、無難に書くとこうふわっとしか言えないのがなんともかんとも…!
とりあえず、エピソードイグニスはこんな感じで、よくできてます! メインストーリーの理解のためにもプレイしておいて損はない内容です!
さらに、アーデンとの分岐点…戦うではなく、アーデン側につくを選んだ場合どうなるのか、アリスもまだ未プレイなので、そのうちプレイしたいと思います(`・ω・´)ゞ

長くなってしまいましたが、エピソードイグニス、とりあえずは以上となります!
分岐をプレイしたらまた追加して書きますね!

 

ランキングに参加中です! ポチッとしてもらえると励みになります❤(ӦvӦ。)

 

 にほんブログ村 ゲームブログへ 

FF15, PS4

Posted by moreali