【Part1】アラスカ・グレーシャーベイクルーズ 10日間の旅

2018年3月16日

 

せっかくなので、こちらのブログでもアラスカクルーズ旅行についてお話していきたいと思います。アリスですヽ(´ー`)ノ
全日程が10日もあるので、パート1、2、3とわけて書こうかなと思っております

アラスカクルーズで乗った船についてはこちらに別記事があるので、船についてはこちらからどうぞ

 

今回の旅はツアー旅行で、日本からガイドさんが二人、帰国まで一緒してくれるプランです
旅行社はクルーズプラネットさん

クルーズ旅行について自分で探したり、旅行社によってページを比べたりしている方はご存知かもしれないですが、比較的お安いプランを見つけることができるのがクルプラさんです
その代わり、観光はOP(オプション)で別途お金がかかって旅行代金とは別だったり…色々ありますが、「最低限のお金で旅をしてみたい」という方にはチェックなクルプラさん
うちは今回「最低限で行こう」と決まっていたので、クルプラさんを利用しました


1日目 羽田からバンクーバーへ

本日(2016/09/02)の予定はこんな感じです

21:50 羽田空港発、全日空の飛行機にてバンクーバーへ

~日付変更線通過~

14:55 バンクーバー着後、送迎車にてホテルへ
市内にて和食の夕食

アラスカクルーズの旅は、羽田からカナダの直行便で、エコノミーの席で行きました
エコノミーの座席は、まず狭いですね。足上げもないです。背もたれを倒すのにも限度があります
アリスのときはですが、機体がそれなりに揺れるときも何度かありました
この間のビジネスでは全然感じなかった揺れですが…座席の作りが違うためか、あの旅のフライトが揺れなかったのか…
ご飯はこういうふうで、ワンプレートです

エコノミーでも量は充分ですねΣ(´∀`;) 味は…まぁ、こんなものでしょう…w

飛行機に乗って約九時間後。イルミの旅と同じバンクーバーの空港に到着!
2016年9月、このときは入国審査にとても並びました。すべてが有人だったのでサクサクは進まないのですね
入国審査に30分以上費やしたのではないだろうか…
一方、この間のイルミ旅行、2017年12月のときは機械で入力、写真などをあらかじめ撮る無人機による入国審査でした
やはり人はいるのですが、機械で入力された情報と違いがないか確認する程度のもので、入国審査は時間がかからず終わりました
今のカナダなら、入国審査にはそう時間はかからないでしょうヽ(´ー`)ノ

ただ、無人機の方の写真を撮るのが独特だったりするので…そちらに時間がかかるかもしれません…w
間の抜けた真顔辺りでないとOK出してくれない機械なんですよね(´・ω・`)
スマイルとかまず却下されます。免許証を撮るときみたいな感じがいいらしいです…

 

到着後、ハイアットリージェンシーホテル

到着が午後三時頃で、そこから入国審査、空港から移動、となるので、とても今日中に船に乗ることはできません
なので、1日目はホテル泊です
このホテルがなかなかいいホテルでした!
Hyatt Regency Vancouver(ハイアットリージェンシーバンクーバー)』といって、ロビーにはスタバがありますヽ(=´▽`=)ノ

階下へ行けば気軽にスタバが利用できるのはいいですね…!
夜に一度利用しましたが、馴染みのあるメニューなので注文しやすいです
海外はクッキーやキッシュ、スコーンなど、すべての食物が一回り大きくて、値段はそう変わらず、ですね
すっごく大きい紙カップ(グランデのさらにワンサイズ上、ベンティよりもさらにデカい)を持って外でおしゃべりしてるおばさんもいました。…寒くないんかな…w

お部屋はこんな感じで広くてきれいです!

窓の外、階下ではプールがあって、人が入ってました
日が沈めばわりと涼しくて「プールなんて…((((;゚Д゚))))」と思ったアリスですが、海外の方は寒さに強いのでしょう…

それから、アリスはこのホテルで初めてのものに遭遇しました
エレベーターの操作盤です(゚д゚)

このホテルはエレベーターのにある操作盤で行き先を選ぶんですね
そうすると『エレベーターのAが来るので乗ってね』と操作盤に案内が出るので、言われたとおりエレベーターAに乗ると、中での操作は何もなしで行き先の階まで連れて行ってくれるという…
これは初めての体験でしたね。中ではせいぜいドアの開閉をするだけなんですよ
いやー、新鮮な体験だ

ハイアットリージェンシーバンクーバーは☆5満点評価のうち4以上を維持しているホテルなので、設備はなかなかよいものが揃っている感じですね
ただ、ネットがちょっと繋がりにくかった憶えがあるので、管理面ではもう少し…というところもアリ

和食のご飯…?

さて、この日の夕食はホテルから歩いてちょっとのところにある和食とのこと
昼間は陽射しがあれば暑いなと感じたバンクーバーですが、日が沈んで風が吹けば涼しいを通り越して肌寒さを感じます(´・ω・`) 9月でも上着は外せませんね…
添乗員さんについてバンクーバーの街を歩き、着いたお店はこんな感じです

これは…大きいスクリーンがいくつもあることといい、たぶんスポーツバーに近いやつ…w
スタッフさんはちょこっと日本語ができるみたいです
さて、店の雰囲気はさておき。ご飯がおいしければまぁそれで…

出てきたご飯はこちら\(^o^)/
これは…w これは…和食、なのか…?w うどんはあるけども…w

という感じで、海外旅行一発目のご飯はハズレでした_(:3」∠)_
うーん、これはさすがにないなぁ…w

あまりおいしくもなかったので、ホテルに戻ってお腹が落ち着いたら、ロビー横のスタバでカフェオレを購入。チビチビ飲みながら、飛行機であまり眠れていないこともあり、本日は早めに就寝!( ˘ω˘ )

 


2日目 クイーンエリザベス公園のち乗船

本日の予定はこんな感じです

午前、クイーンエリザベス公園観光

観光後、港へ

『ニューアムステルダム』乗船手続き

17:00 バンクーバー出港

旅行二日目は、午前中にクイーンエリザベス公園に行き、午後に船に乗船します

まずはハイアットリージェンシーの朝食から朝が始まります
この! 朝食が! 今まで食べてきた『ホテルの朝食』分類の中でピカイチのおいしさでした…!!

海外らしいカリカリのベーコン、冷めているのにさっくりおいしいクロワッサン、カナダらしく置いてあるスモークサーモン…成城石井のスモークサーモンにも匹敵するおいしさ…
どれを取ってもおいしくて、朝からめいっぱい食べてしまいましたΣ(´∀`;)
この朝食が昨日の夕食だったらどれだけおいしかったか…。そう思うほどです(´・ω・`)
いやぁ、朝から満足のいく食事でとても幸せです(∩´∀`)∩

 

バスでクイーンエリザベス公園

朝食後、トランクを廊下に出して、バスのに乗り込みます
今日は船への乗船日ですが、まだ手続きを開始していないので、それまで観光しよう、という感じです
朝に雨が降ったのか、少し湿っぽい空気で、息を吐くと白っぽくなるほど。陽射しがないので今日は寒いかも…!

晴れていたらもっと遠くまでカナダの街が見えていたんですが…あいにく曇ったままです(´・ω・`)

クイーンエリザベス公園とは…

ダウンタウンの南に位置する、カナダで最初の市立植物園
公園名の「クイーン・エリザベス」は、1940年にバンクーバーを訪れたイギリスのエリザベス王妃を記念したものだそう
公園は標高が150メートル以上の小高い丘の上にあり、園内からダウンタウンの街並みが見える

広大な公園のほんの一部に行っただけなんですが、それでも充分堪能はできました!

先月最初に行ったイルミのカナダでもスタンレーパークに寄りましたが、あちらはこういう庭園なところはなかったですね。あくまで大自然がある場所という感じ
対してクイーンエリザベス公園は、手入れの行き届いた庭園、という感じがします
でも、基本的にはどちらの公園も入場無料です。『公園』ですからね。こんなによく手入れされた草木がありますが、入場無料なんです\( ゚д゚ )/
日本の公園なんてどこも手入れもされず錆びた遊具しかないし、草木はぼうぼうなイメージ…

このドーム状の建物は温室となっているので入場料がかかります
ガイドさんの案内と一緒に公園内をブラブラしたあとでは時間がなかったし、見れませんでした(´・ω・`) 中はどうだったんだろう

さ、まだまだ写真がありますよ!
手入れされた庭園、素晴らしいです…!

植物って数日でも放っておいたら伸びてしまうし、これだけきれいに保つには、毎日人の手が入っているはず…。でも無料なんだもんな。海外は素晴らしい…
とかげやフクロウ、何かのマーク。植え方も海外らしさを感じます❤(ӦvӦ。)

 

予定外!? ギャスタウン

予定表ではギャスタウンは最終日の観光となっていたのですが、添乗員さんの采配かな…? クイーンエリザベス公園を出たあとはギャスタウンへ行きました
港は目と鼻の先なので、ついでに寄ろう、って感じですかね

ギャスタウンはバンクーバー発祥の地と言われている地区です

右の方にある赤いバスが乗ってきたバスですね
夜は治安が悪いとされている場所なので、ギャスタウンの観光は必ず『日が高いうちに』行きましょう

有名な蒸気時計。このときは運良く11時に来たようで、蒸気時計が蒸気を吹き出しながら音を鳴らしていました。写真ではたくさんの人が時計が鳴るのを待ってます

添乗員さんと一緒に通りを歩いたあとは、自由時間が10分ほど
目当てのものをパッと行ってパッと買う時間しかなかったので、アリスは大人しくバス周辺で写真を撮ったりして時間を過ごし、すぐそこの港へ出発です

 

ニューアムステルダムに乗船! 手続きは結構大変…!

さて、待ちに待った大型客船に乗るそのときが近づいてまいりました…!
が。船に乗る手続きがですね、思ったより大変です(‘、3_ヽ)_
まず、船に乗るお客さんとして、乗船手続きをすませます

ちょっと写真がないのですが、倉庫のようなガランとした大きな部屋に椅子がたくさん並べてあり、乗船者はそこに座って順番を待ちます
部屋を割り当てられたりカードキーを発行してもらったりするので、この手続きにはそれなりに時間がかかりますね
今回はツアーなので添乗員さんが誘導してくれますが、マイクで呼び出しが入るんですけど、それが聞き取りづらく…
個人での利用は自分で放送内容を聞いて判断して動かないとなので、かなり大変だと思います(´・ω・`)

添乗員さんの助けで乗船手続きをすませたら、次は手荷物検査です
「なんで手荷物検査?」というと、この船、カナダを出たらアラスカへ行くのです。アラスカはアメリカなので、カナダを出国アメリカに入国、という手続きが事前に必要になるんですねΣ(´∀`;)
この手続きがかなり時間かかりました
出国は出るだけなのでそんなになんですが、アメリカの入国審査が。両手の指紋まで取られるので、どうやっても時間がかかるんですね…

港についてから長い時間がたちました。合計二時間くらい…かかったと思います

この日はプリンセスクルーズの大型客船も停まっていたので、港を利用する人が多く、余計に時間がかかった感じですね(ノД`)
ようやく船に乗れるようになりました。゚(゚´Д`゚)゚。

大型船だー! やったー!!!

このくらいからお天気が回復! 青空が見え始めましたヽ(=´▽`=)ノ
出港までまだ時間があるので、カナダの景色を眺めつつ、デッキにあるハンバーガー屋さんで遅めのお昼ご飯を食べます!

注文してから作ってくれるのでできたて、おいしいです! 船の中でもおいしいと評判のお店のようですね
ただ、英語が読めないので…たぶんトッピング足したり色々できるんですけど…プレーンタイプしか無理でした_(:3」∠)_

全員が乗船したあと、まずは点呼を兼ねた避難訓練があります
これは船で旅行をする人の義務となってますので、サボったらダメです。サボった場合船を降ろされても文句言えません
沈むことはないでしょうが、自分の乗る避難ボートがどの辺りにあるのかは見ておきましょう

その後、船長さん? による英語での放送を聞きながら、船はいよいよ港を離れます…!

何事もなく無事出港

少しずつ遠くなっていく街並みに、デッキにいるほとんどの人がこうして写真を撮ったり景色を堪能していました
このときは本当に天気が回復して、体感温度もちょうどよかったです。陽射しの暑さを船の風の心地よさがやわらげてくれる感じですね
あっという間に離れていく~…。船は結構早いです。これでもゆっくり走ってますけどね

いやぁ、いいお天気! 出港晴れてとてもよかった❤(ӦvӦ。)

 

出港後、ディナーへ

出港を堪能したら、すぐにディナーです!
乗客は二千人いますから、一度に全員を座席に案内することは到底できないので、第一部、第二部、と夕食の時間がわかれていまして、うちのツアーは早い方のご飯タイムです
ディナーといえば前菜メインデザートという大まかな流れがありますよね
船では各種6種類くらい選べるものがありまして、そこから好きなものをチョイスして食べられます❤(ӦvӦ。)

メニューの写真が撮ってないので、大雑把な説明になります(´・ω・`)

・前菜 お肉などの盛り合わせ

・メイン ステーキ! さすが海外、デカい(真顔

・デザート チョコレートケーキ

船はこういう感じの食事になるみたいですね
小さめサイズでも頼まないとメインとか大きすぎて残してしまう…w
お腹はとても満足です、いっぱいだ(;´Д`)

お腹いっぱいすぎたので、腹ごなしを兼ねて船内を散策
これから一週間ほどお世話になる船ですからね。なかなかに広いし、船内の施設とかを把握しなくては!
どっちが船首だどっちが船尾だ、親とアリスで迷いまくり…w
明日は1日船内の予定なので、じっくり歩いて把握しよう_(:3」∠)_

夜はウェルカムショーがあるとのことで行ってみたんですが、ショーはショーでもトークショーで…w 英語がわからないとダメなやつでした_(:3」∠)_

なんだかんだで疲れていたので、ショーのあとは部屋に戻ってシャワーを浴びて、早めに就寝( ˘ω˘ )

 


3日目 終日クルージング

今日は1日中船の中で過ごす終日航海の日です
船はインサイドパッセージ(陸と島に挟まれた内海)の穏やかな海をゆっくり進んでいくので、波も静かで酔うこともなく、船の生活ってものを堪能できます(`・ω・´)

朝、朝食を食べに行く前に確認すると、ドアにシュッと船内新聞がはさまれてました
船内新聞とは、その日一日のレストランの予定や、催し物の予定などが記されているものですね。普通の新聞ももちろんありますよ(ただし英語が主。日本語は置いてないです
今回は添乗員さんがついているので、英語の船内新聞を日本語にして、その日の朝には届けてくれます。ありがたや~

こんな感じのものを毎日届けてくれます! わかりやすくてよいですね❤(ӦvӦ。)
ミサがあるのが海外だなぁって感じです
英語の講習は参加しても「???」となること確実なので、アリスが行くとしたらワゴンセールとかショーとか音楽の演奏、その辺りですね

しかし朝食のレストランが開くよりも早く起きてしまったので…船内施設をじっくり散策
ほとんどのお店はシャッターが下りているんですが、人がいないからジロジロ見ることもできます(´ω`)
とくに気になるのは…日本船にはない海外船特有のカジノ

おにーさんが掃除してます

これ! アリスはこれがやりたいです!!\( ゚д゚ )/
日本にもコインゲームとしてよくあるタイプですね。違うのは、お金(25セント)を入れるという点
このゲーム台の中にあるものもお金です

「お金でお金を獲るなら無意味では…?(´・ω・`)」

そんなことはないんです!!(力説
このゲーム台の中にあるコインは『ホーランドアメリカラインの船だけでお金として使える25セントコイン』なんです!
ホーランドアメリカラインの船でしか手に入れることのできないコイン…!(使わないで持って帰る気満々
カジノがオープンしたらゲットしてやりますよ! お守りにするんだ~(∩´∀`)∩
※アリスはゲーセンが好き

さて、いい感じに時間が過ぎたので、一度部屋に戻って、朝食を食べに行きます
朝食はバイキング形式のレストランもあるのですが、注文して作ってくれるレストランもあるので、今日はそちらに行ってみました
じゃあ今日は…メープルシロップついてるパンケーキで!

パンケーキ! まさかの三枚\(^o^)/
さすが海外。デフォルト設定が予想の1つ上をいきます\(^o^)/
朝からまたお腹いっぱいになってしまった…

 

船内イベント『厨房見学

厨房は衛生面を考えても一般人を立ち入らせるものではないんですが、ニューアムステルダムはその辺の管理に自信があるんでしょうね。今日は特別に『厨房内部を見学』することができます!
添乗員さんが同行して、イヤホンレシーバーというんですかね。ガイドさんが喋った声がイヤホン通して聞こえるものなんですが、それで英語の説明を日本語にして伝えてくれるのを聞く、というイベントです
普段はなかなか立ち入ることのできない厨房へ行けるということで、もちろん参加します!

中はわりと殺風景ですね。銀色~

こちらはルームサービスの準備中みたいです。ふむ

作ってますね~

これはメニューの見本ですかね。こういうふうに盛るんだぞ、的な。写真もついてるし
見学希望者が結構いるので、立ち止まらず歩いていっておしまいです
十分ほどの時間でしたが、なかなかいい経験でした! 色んな料理のにおいが入り混じっていた…w

 

天気が回復したのでデッキへ

朝起きたときは曇り空だったんですが、少し青空が見え始めたので、デッキへ行ってみましょう!

白いテントはカバナ、有料空間ですね。今はしまっているようです

テレビや映画では見られる景色ですが、現実で目にするとやはり胸にくるものがあります…
自分がこういう景色の中に立って、息をすることになろうとは(´Д⊂ヽ
行こうと思えば行くことができて、見ようと思えばこの目で見られる場所にこの景色が存在している。素晴らしい…! 日本ではまず見ることのできない景色です!

これこれ。船の醍醐味はこれですよねぇ…海の音が素敵
ニューアムステルダムは船がぐるりと一周できるように散策デッキがあるので、いつまででも歩くことができます(`・ω・´)

 

ティータイムのちディナー

朝早くに目が覚めたこともあって、いったん部屋に戻ってゴロゴロして休憩
休憩。している間にうたた寝してました…w ティータイムの時間までぐっすりでしたよ(*ノω・*)
さて、お楽しみのティータイム!

ティー…タイム……??
うーんw 予想していたティータイムとだいぶ違う…w

この船はもともとオランダとアメリカを繋いでいた船なので、英国式のスコーンや紅茶の上品なお茶ではないようです(´・ω・`)
席に着くとコーヒーか紅茶を選び、決まったミニケーキが載ったお皿が置かれ、たまに回ってくるウェイターさんがサンドイッチを配ってるので、食べたいものがあったら選ぶ。そんな形式ですね
お茶がティーバッグ…w それなら部屋でも飲めるぞ(´・ω・`)
んーw 適当なお茶だったので、適当に切り上げて、ディナーの準備をしましょう

今日はフォーマルでお食事することが決められている日です!
夕食の時間から、船内を歩くならカクテルドレスやスーツなど、ちょっと着飾った格好をしなければいけません
と言ってもラフな格好の人もチラホラ見かけますけどね(´ω`)
こういった決まりも『楽しむもの』という一環としてあるので、まぁ、その決まりに則ってエンジョイした方が感じはいいです
ということで、着替えてレストランへ~
フォーマルの日はメニューも力の入ったものになっているので、撮りました! ちょっとブレてるけど…

こんな感じでした!
アリスは前菜に大エビのカクテル、スープとサラダにルッコラのサラダ、メインに鴨肉、デザートにブラックフォレストケーキを選択!

・前菜 大エビのカクテル

プリプリの大きなエビが四つも! 豪勢です、おいしい~(๑´ڡ`๑)

・スープとサラダ ルッコラのサラダ

モリモリ感がすごいサラダ…w 全部食べたらメインが入らなくなる(;´Д`) は、半分くらいにしよう…

・メイン 鴨肉

鴨肉はローストハムみたいなしっとりしたものでした。こんがり焼いて鴨肉の油でおいしいお肉かな~と思ったけど違ったー残念

・デザート ブラックフォレストケーキ

ケーキはまぁ、うん。こんなものでしょう…w うーん違うものにすればよかったかなぁw
今日もお腹いっぱいですわ

さて、今日はショーがあります! トークショーではなく、歌って踊ってのショーです!
英語がわからないことに変わりはありませんが、見ごたえはあるはず(`・ω・´)

ショーの最中は当然写真動画は禁止なので、始まる前に一枚パシャリ
今日はシンデレラを現代風にアレンジしたようなお話でしたね
誰もが知ってる童話なのでわかりやすかったです(´ω`)

ショーが始まった頃から船がゆ~らゆ~らと揺れ始めましたね
今回の船旅はなるべく内海を行くルートのクルージングですが、どうしても外洋沿いの海を進むときもあります。そういうときはやはり酔いが…(酔いやすい人

明日の朝はくじらが見えるかもなポイントを通るということなので、今日も早く寝ます!( ˘ω˘ )

 


 

4日目からは別記事で書こうと思っておりますので、またお読みくださいヽ(=´▽`=)ノ

 

ランキングに参加中です! ポチッとしてもらえると励みになります❤(ӦvӦ。)

 にほんブログ村 旅行ブログへ