オリジナル小説

 

 風雨に晒され、月日の経過で朽ちていくばかりの看板。年季の入った丸テーブルとチェア。
 イマドキ骨董品扱いのブラウン管のテレビの調子は今日も悪く、ザラザラとノイズを混ぜた音を吐き出しながら、なんとかサッカー中継を流している。
 田舎 ...

当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権などは、当該コンテンツ提供元に帰属します。

また、当サイトオリジナルの写真、小説の著作権は運営者にあります。許可のない転載等はご遠慮願います。