訪れた海外の世界遺産⑩ローマ歴史地区

 

アリスが『今まで訪れた海外の世界遺産』を改めて取り上げていくコーナー、第十回です( ´ ▽ ` )ノ

いよいよ第十回、二桁!

それだけの場所に行ってきたのだと思うと感慨深いです

今回はバチカンからイタリアに戻りまして、ローマの世界遺産と見どころを紹介していこうと思います

 

 

ローマは道が狭く路駐も多く、観光で歩いただけでもひじょーにゴミゴミしているなぁと感じた場所です

が、それもそのはず

遺跡の中に街があるといっても過言ではないくらい見どころが詰まった都がローマなのです

世界遺産の正式名称は『ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ大聖堂』といいます。世界遺産の区分は【文化遺産】です

 


歩けば遺跡があるような街、それがローマ

 

ローマはイタリアの首都であり、三千年にわたって芸術、建築、文化の面で世界に影響を与え続けている都市です

観光で数時間滞在しただけの印象は、「少し歩けば遺跡、また遺跡。それがローマ」

実際、バスで移動していても遺跡だ、また遺跡だ、という感じがすごかったです

道の向こうには遺跡…!

 

バチカンに隣しているので、ローマ観光はバチカン観光とセットで回るのが効率的でオススメです

 

代表的な遺跡『コロッセオ

 

ローマで遺跡といえば、まず出てくるのが『コロッセオ』でしょう

ローマのシンボルともいえる遺跡です

娯楽施設として建設された円形闘技場は、剣闘士試合で様々な猛獣と剣闘士が戦い、命を落としたと言われています

円形ということで力学的に安定したためか、二千年の間倒壊せずにこの場所に在り続けています。それだけでも奇跡的な場所です

明るい歴史がある遺跡ではありませんが、とても有名な見どころの一つ

コロッセオはあちこち切り崩されたみたいにボロボロとしていますが、これは自然とそうなったわけではありません

コロッセオに使用されている建材は、中世を通じて他の建物に流用されました。そのせいでなんか微妙な見た目になってしまったのですね…

切り出された建材が使われた建物の一つにバチカンのサン・ピエトロ大聖堂があります

↑ ここにもコロッセオの建材が…へぇ~

しかし、残念ながら、アリス達は今回時間の関係でコロッセオは車窓観光のみでした。。

いつかちゃんと観光して、剣闘士の格好をした現地の人と想い出写真が撮りたいです…

 

コンスタンティヌスの凱旋門

 

後にローマ帝国唯一の皇帝となるコンスタンティヌスの戦いの勝利を記念して造られた凱旋門、といわれている建築物です

こちらも車窓からの観光だったので、写真が遠いのですが、中央にあるのが凱旋門です。ローマでは最大の大きさとなっています

遠くからの写真なのであまりわかりませんが、彫刻がとても美しいみたいです

ローマの帝国史が好きな人は訪れておきたい場所の一つ

この近くには『パラティーノの丘』『フォロ・ロマーノ』『コロッセオ』と遺跡群の見どころが集まっているので、古代ローマを満喫することができます( ´ ▽ ` )ノ

 

4大バシリカの一つ『サン・ジョヴァンニ・イン・ラテラノ大聖堂』

 

こちらも車窓から見ただけではあるのですが、世界で初めての本格的なキリスト教聖堂が『サン・ジョヴァンニ・イン・ラテラノ大聖堂』です。ラテラノ宮殿が隣接しています

建物の下の方にいる人を見れば、かなりの大きさの大聖堂だとわかるはず…

ローマの4大バシリカ(古代ローマ様式の大聖堂)の一つに数えられています

 

 

中はこんな感じみたいです。かなり豪華な気がします!

歴史ある立派な大聖堂、入ってみたかったなぁ

 

4大バシリカの一つ『サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂』

 

こちらも4大バシリカに数えられる聖堂の一つで、ローマのバシリカ様式の聖堂では唯一原構造を残している貴重な建築物です

こちらもやはり車窓観光でした…

名前である『サンタ・マリア・マッジョーレ(聖母マリアの聖堂)』には2つの意味があり、一つは世界の聖堂の中でもとくに重要な教会、まさに母なる教会であるということ

もう一つは、カトリック信仰において古代より尊重されてきた聖母マリアへの崇敬を表す聖堂だということ

世界中に聖母マリアにささげられた聖堂がありますが、その中でも最大のものがこのサンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂となります

 

 

いつか行ってみたいなぁ

 

4大バシリカのうち2つを紹介しましたが、もう1つは今回車窓でも行っていない『サン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂(城壁外の聖パウロ大聖堂)』と、バチカンの『サン・ピエトロ大聖堂』となります

 


 

ほかに有名な遺跡として『カラカラ浴場』があるのですが、今回は行けませんでした(;´・ω・)

かつての公衆浴場で、千人以上が入ることができたと言われています

今では浴場ではなく遺跡ですが、現在もモザイク模様の床などが残っているとのこと

 


世界遺産と一緒に見たい場所

 

とても有名だけど、実は世界遺産じゃない

そんな場所がいくつかあるので、実際に行ったところを紹介しようと思います( ´ ▽ ` )ノ

 

ローマで一番大きいバロック時代の噴水『トレヴィの泉

 

トレビの泉、トレドの泉とも呼称される、ローマでも有数の観光名所です

アリスが行ったときはコロナ前だったので、ものすごい人でした(;´・ω・) スリなどが多発する場所でもあります

トレヴィの泉はこのように住宅街のただ中にいきなり現れるのですが、見てください、この人を!

パトカーと警察の人がスタンバイしているくらい、ここはスリなどの被害が多発する場所です

コロナの今は人が減ったのかもしれませんが、行く場合は常に貴重品に気を配りましょう

一番右上の窓がなぜかフェイクになっています。なぜだろう…遊び心かな…?

この泉に後ろ向きからコインを投げ入れると願いが叶うと言われていて、枚数によって叶う願いが異なるらしいです

1枚は『再びローマにくることができる』2枚は『大切な人と永遠に一緒にいることができる』

3枚はキリスト教が離婚を禁止していた歴史の名残で、『恋人や夫・妻と別れることができる』と言われています

トレヴィの泉を訪れたら、ぜひチャレンジしましょう( ´ ▽ ` )ノ

 

映画ローマの休日で知られる『スペイン広場

 

映画で王女がジェラートを食べたシーンでおなじみの場所、スペイン広場

映画の影響で真似してジェラートを食べて階段を下りる人が続出したため、現在は法令でジェラートを食べたり座り込んだりすることは禁止されています

ジェラートを食べている人はさすがにいませんでしたが、座っている人は普通にたくさんいました(;´・ω・)

このあたりにはグッチやプラダなど有名なブランドが集結していて、家賃とか、すごいらしいです…。いわゆる一等地ですね

観光馬車もたくさんいました。時間があれば乗りたいけど、時間がないんだぁ

階段上にある教会前からパシャリ。いい景色!

コロナの現在はどうかわかりませんが、ここも人が多く、花や水を差しだしてくる黒人さんが多くいましたので気をつけてください

差し出されたものを受け取ったら料金を請求されます

いくら取られるかわかったものじゃないので無視しましょう…

 


 

ローマの休日で有名になったものとして、『真実の口』もありますが、こちらは場所が離れていたので今回はいけず…

映画を見てからローマを訪れると、ローマへの思い入れが深くなりそうです。また違った視点でローマを楽しめそうですね

そんな感じで、行ったことのある場所をピックアップしてまとめました、歴史ある遺跡と見どころが多い『ローマ歴史地区』

そのすべて行こうと思ったら一日では時間が足りないと思います

駆け足観光では「もったいないな~時間がないな~」と感じたので、次があったらぜひ陸路でゆっくりできる観光がしたいですね

 

今後も『訪れた海外の世界遺産』として様々な場所を取り上げていく予定ですので、お暇なときにでもお読みください( ´ ▽ ` )ノ

 

以上、アリスでした!

 

ランキングに参加中です! ポチッとしてもらえると励みになります❤(ӦvӦ。)

 

 にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ