きくいもの『じっくり焼き』がおいしい【簡単】【お酒に合う】

2020年3月14日

 

今日はきくいもの話をしていこうと思います。アリスです( ´ ▽ ` )ノ

パッと見ると「え、しょうが?」と思う見た目をしているこちらが『きくいも(漢字では菊芋)』です

現在も定期で購入中の【坂ノ途中】さんが届けてくれた1月の野菜に、きくいもが入っていたことで、アリスは初めてきくいもを手に取ることになりました

↑ さつまいもとしめじの間にあるのがきくいもです

初めましてのお野菜きくいも
いも、とつきますが、通常の芋類とは異なり、デンプンはほとんど含まれていません

 

きくいも、どう食べよう? 食べたことがないや

 

そう困ったとき、毎月一度野菜と一緒に届けてくれる『レシピノート』が目につきました
もしかしてここにオススメのメニューがあるかも…と見てみると、ありました! 助かる!

ということで、レシピを見て作ったきくいものじっくり焼きがとてもおいしかったので、今日はそのお話です❤(ӦvӦ。)

 


きくいものじっくり焼き

 

材料は少なく、簡単にできます
用意するものはこちら↓

 

・きくいも 200グラム
・油 大さじ1
・塩 少々
・バター 5グラム

 

たったのこれだけです

※きくいもの分量によって、他の材料も調節しましょう

 

作り方

 

では作り方です!

 

①きくいもをたわし等でよく洗い、皮つきのまま切る

 

【ポイント】きくいもは小さめにするといいです

↑ オーブンで焼くのに少し大きめに切りましたが、これだと焼き上がりのねっとり食感に時間がかかるので、小さめの方がいいです

 

②きくいもをボウルに入れ、油と塩をまぶして混ぜ、フライパンに油ごと入れて弱火にかける(160度のオーブンでも可)

 

③きくいもをときどき裏返しながら、20~30分かけてやわらかくなるまでじっくり焼く

 

④火を止めてバターを加え、予熱で絡めて出来上がり

 

 

完成!

 

じっくり焼くときくいもの食感が変わっておいしい

 

きくいもは、普通に火を通しただけだと『シャキシャキとした食感、ごぼうのような味』がします

↑ オーブンで焼いたものの、カットが大きすぎたので、ねっとりとはならなかったきくいも

ごぼうに似ているきくいもですが、じっくり焼いていくと、不思議なことに『ねっとりとした触感』になります
きくいもを大きめにカットしてしまうと、ねっとりするまで時間がかかるので、小さめにカットした方がねっとりおいしいきくいもになります❤(ӦvӦ。)

↑ 小さめにカットし、フライパンでじっくり焼いたきくいも。お好みでレモンをしぼりましょう

 

あまりにおいしくて、リピート購入を決意

きくいものじっくり焼き、レシピノートにあったので作ってみましたが、本当においしくて驚きました( ゚Д゚)
お酒に合うし、パクパク食べてしまうんです…
もっと早くきくいものじっくり焼きを知りたかった…!
できればもう一度食べたい、おいしいきくいも

もしかしたら【坂ノ途中】さんで単品できくいもが買えるかも? 公式ツイッターがあるし、聞いてみよう

思い立ったら吉日。きくいもだけ別に注文することはできるのか。公式の回答を待ちます…

か、か、買える~! ありがた~い!!

ということで注文し、届いたのが先週
先日1キロあったきくいもを平らげてしまったので、また注文してしまいました( ˘ω˘ ) 次のきくいももじっくり焼きでおいしく食べよう~

 


 

ということで、今日は『きくいも』のおすすめメニューきくいものじっくり焼きの紹介でした!


坂ノ途中さんのお野菜はおいしいので、本当にオススメです❤(ӦvӦ。) 一度ご賞味あれ!

以上、アリスでした( ´ ▽ ` )ノ

 

ランキングに参加中です! ポチッとしてもらえると励みになります❤(ӦvӦ。)

 

 にほんブログ村 その他日記ブログへ