【FF15】チャプター12『かたむく世界』そのさん

 

続けていきましょう、FF15記事です!

 

前回はルーナの思い出話をチラホラと見聞きしつつ、テネブラエを出発。氷神シヴァの亡骸のあるグロブス渓谷にさしかかります

列車は帝都に向けて順調に進んでいましたが、ここにきて列車が凍り付くという事故? が発生( ゚Д゚)

これが亡骸たるシヴァの仕業なのかはさておき、先に進みたいノクト達は列車停止の原因を調査するため、外に出ることになりました

 


氷神の啓示

 

列車の外は極寒の温度で、列車以外に目立つのはシヴァの亡骸、ですね

さて何が出るのか? といえば、安定のシガイです\(^o^)/
ザコから始まる連続のシガイ戦! 若干フィールドが狭いので戦いにくいなぁ…

※一生懸命戦闘していてSSなし

最後はデカめの虫のようにも見えるデスクローというシガイと戦い、撃破。場所が狭いしちょっと手こずりましたね💦
どうやらこの虫? で最後みたいです

ようやく戦闘を終え、息切れしているノクトに声をかけるグラディオ。車内の様子がおかしいらしいです
ノクトが列車に戻ろうとすると、横切っていく姿が…
あの格好、間違いない。アーデン! 急いで追いかけましょう! また仲間が危険に晒されるかもしれない…!

 

ゲンティアナ、来る

 

追いかけた先は…ん!? 列車内に吹雪!?( ゚Д゚)

吹雪の先にいるのは、やはりアーデン!
かなりの寒さのようで、そのためかイグニスとグラディオが倒れてしまっています! プロンプトに引き続き仲間が…!
このままだと膝をついたノクトもヤバいのでは…どうする!?💦

これは絶体絶命だと思ったそのとき、吹雪の向こうから誰かがやってきました。あれは…えっ、ゲンティアナ!?( ゚Д゚)

ムービーでこの間見たところだったな…というか、なぜここに!?
と、ゲンティアナ、歩みを止めることなく指先一つでアーデンに触れて、凍らせた!?( ゚Д゚)

氷…そしてこの場所のことを考えると……
これまでちょくちょく出て来たときも『只者じゃない』のはわかってましたが…もしかしてゲンティアナって………?

『いまこそ果たすとき。神凪との古き約束を』と言って、ゲンティアナの姿が…!

シヴァー! やっぱり生きてたのか氷神シヴァ!

 

のちに追加となった『氷神の啓示

 

この場面ですが、発売当初は短いムービーがあるのみでしたが、アリスのプレイ時には『氷神の啓示』として色々と話を聞いたりムービーを見たりすることができました

選択肢は三つで、『星の過去を訊く』『星の現在と氷神の願いを訊く』と、もう見てしまった人用の『話を訊かない』です
アリスは初めましてなので、全部聞いていきます!

 

星の過去

この世界には『神』が存在していて、ノクトは神と啓示を交わし、力を得てきました
そもそもその神はどういう存在なのか? というと『星を守る』…守り神らしいです

ゲンティアナとして、神凪やノクトに関わってきたシヴァですが、彼女自身は『人は星に必要無きもの』と考えていたそうなんです
儚く脆く、そのくせ希望や可能性といった曖昧なものを信じる人が、星にとって有要だとは思えなかった、と

しかし、これまで出てきていない神、イフリートは、シヴァとは反対で、人の可能性を信じ、火を与え、繁栄の道を選択した…と
人は火を使うようになってから文明的になりましたからね。この世界ではそれがイフリートに授けられたものってことみたいです

まったく正反対のことを思った二人ですが、シヴァはそんなイフリートに惹かれ、彼が信じるものを信じ、愛することにしたそうなんです

 

しかし、悲しいかな
人の文明が高みに達したとき、驕った人は「もう神に頼る必要はない。神などいらない」と、神を排斥しようとしたそうです…
当然、ここまで力を貸したり守護してきたイフリート、怒りますよね。。
そして、イフリートは人の文明を星ともども焼き尽くそうとします

神の使命は星を守ること…

使命を忘れ怒りに呑まれたイフリートと他の神々は、戦わなくてはなりません。その使命のために…

この神々と人との戦いが魔大戦…かつてあったという大きな戦いの全容のようです
この戦いで星は傷つき、神々も疲弊し、永き眠りにつくことになった……

なんだか悲しいお話です。。これだから人間は…

 

星の現在と氷神の願い

先ほどのがこの星や神々のざっくりとした経緯ですね
次は、その経緯を踏まえての現状の話となります

シヴァによると、魔大戦で傷ついた神々が眠りについている間に、イフリートがシガイにされてしまったそうです( ゚Д゚)
えっ!? え、いや、そりゃあイフリートは他の神様から「お前目を覚ませや!」ってコテンパンにされたかもしれないけど、それでも神様じゃん!? そんなイフリートをシガイ化させるって…???
まぁ、帝国の仕業には違いないわけですが…
シヴァはそのタイミングで眠りから目覚め、イフリートを解放しようと帝国に挑みますが、砕かれ、力を失ってしまったそうです。なんてこった……

今の帝国はシガイとともにあるおかしすぎる国と化し、六神も世界もヤバいみたいです
この状況では、イフリートは元より、星を守る使命を果たすこともできない…
シヴァは、せめてイフリートに安らかな死を与えたい、と言います。愛した人、神だからこそ、ということか…

 

ルナフレーナの想い

二つの選択肢で話を聞くと、新たに『ルナフレーナの想いを訊く』という項目が出現。シヴァ…ゲンティアナが知るルーナの想いを教えてくれるそうです
ノクトとしてはこれは知っておきたいやつ…! 聞きましょう!

もともとは人間なんて…と思っていたシヴァ。寝ている間に最愛のヒトであるイフリートがシガイ化され、さぞ人間に絶望したことと思います…
しかし、「ノクトとともに星に光を取り戻す」と約束した紙凪であるルーナのあたたかく力強い、人を愛する心に触れ、彼女はもう一度人を信じようと思ったそうです

ここで入るムービー

在りし日のルーナと、美しいテネブラエ、でしょうか。声は兄であるレイヴスのようです

このムービーがゲームのストーリー上のいつの時点なのかはわかりませんが、ルーナの命はこのときすでに風前の灯火だったようです…
しかし、それすら覚悟を決めているルーナ。兄の言葉に強く「わかってます」と返します

美しいけど、悲しい場面だ……(´;ω;`)

ルーナは後悔はないと言います
けど、それでも、捨てきれない望み…「すぐ近くで声を聞きたかった」「昔みたいに笑って、その手に触れて…」「一緒に生きていきたかった」と慟哭
ルーナ…(´;ω;`)

ここでゲンティアナが登場
王のため、人のため、星のため…己の命が脅かされても『神凪』としての役目を全うするルーナに、彼女は約束をします
神としてではなく、星のためではなく…『友として』、ルーナのために、ノクトの力になる、と

氷神らしく冷たかったであろう彼女にここまで言わせるルーナの想いは、深かったのでしょうね。誠実で、まっすぐで…これが人間ならば、と思える人だったのでしょう

「友としての約束」だと言う彼女の手を握るルーナ

 

決意を新たに、前へ

 

神と人との絆。そして、ルーナの溢れんばかりの想いを見たノクト

「選ばれし王ノクティス。世界に光を」と言うシヴァから、しっかりとその想いと力を受け取ります
力はルーナの逆鉾の形になりました
めくるめくかつてのルーナとの思い出……(´;ω;`)

ストーリーでは、ルーナは弱音を吐くことなく最後まで、神凪としての使命を優先し、果てました
しかし、人として、最愛の人がいるならばなおのこと…彼女は辛かったのです。その気持ちを知っているのは兄とゲンティアナくらいで、本当は、辛かったのです。人々の前では気丈にしていたんだ……

ノクトはシヴァの記憶という形で気持ちを吐露したルーナを知りました。「今まで聞いてやれなくてゴメン」「話したいことがいっぱいあるのに」と涙するノクト。そこに、花びらが…?

ルーナ…
優しく微笑むルーナですが、幻で、ノクトが縋るように手を伸ばすと消えてしまいました……
そして、ノクトは立ち上がり、涙を拭うのです

 

ここでノクトを動かせるようになったのですが、アーデンの氷像が手ごろなところにあるので…壊しておきましょう! ガシャーン!
いや、さすがにこれでアーデンとはもう会わないんじゃないの? 神様に氷漬けになれて、ノクトが粉々にしたんだから

ノクト、倒れているグラディオとイグニスを起こします。二人は気を失ってましたが無事なようです
列車に他に異変がないか、二人とは違う方の車両を確認していくノクト
そうしたら、まさかの!? アーデンがいる、だと…!?( ゚Д゚)
氷神に氷漬けにされて! ノクトが砕いたのに!? コイツ、人間じゃないな…

アーデンはプロンプトの銃を見せびらかします。やっぱり捕まってるのかぁ…

プロンプトは帝都の首都グラレアにいるらしいです
どのみち帝都には行くのだし、プロンプトはそこで助けるしかないかな
神に氷漬けにされ、ノクトがその手で砕いたのに、まるで飄々としているアーデンが立ち去るのを見送るノクト
勢いでどうにかなる相手じゃないと悟り、追わずに見送ることにしたようですね…

ここでチャプター12クリア! です!

 


 

いやー、チャプター12はこれまで出てこなかった神々の詳しい話に、ルーナの想いなど、色々と知れた良い回でした
ここは発売当初は短いムービーがあるのみだったらしいのですが、のちに追加されて、わかりやすく、濃い内容となっています
当時プレイして「は?」となった方は、ユーチューブなどでムービーを見ると当時とは違った感想を持つと思いますよ( ´ ▽ ` )ノ

この辺り、ぜひともルーナ視点のゲームとしてプレイしたかったですね。。
彼女がどのくらい苦しみ、どのくらいの覚悟を抱いて神凪として行動していたのか…
ぜひともノクトと会ってほしかったし、結婚式をしてほしかったなぁ。お似合いの二人だったのに

 

ということで、長くなりましたが、以上でチャプター12『かたむく世界』はおしまいです!
次はいよいよ帝都に侵入ですね! プロンプト、クリスタル、全部取り戻すぞ…!

次もお久しぶりにならない程度に更新していきます。アリスでした~

 

ランキングに参加中です! ポチッとしてもらえると励みになります❤(ӦvӦ。)

 

 にほんブログ村 ゲームブログ 今日やったゲームへ 

FF15, PS4

Posted by moreali