【クリア後】ポケモン剣をプレイしての感想

2020年4月15日

 

11月15日に発売となった『ポケモンソード・シールド』でソードを購入したアリス

 

 

デスストやったりして他ゲーもしていたので、今日ようやくチャンピオンを倒してクリアしました(;´Д`)

 

当初は「ポケモン新作やるとswitch壊れるぞ!」とデマも流れていたポケモン新作(そのためアリスはプレイを控えているときもありました

結果的にみると、デマが広まったのは『母数の多いポケモンでの本体故障があったり』『粗悪なSDカードを購入したため壊れたり』などの現象&報告が複数上がり、やべぇぞ! となっていった感じでしょうか
ただし、剣盾にエラー発生が多いのも本当で(とくに自動セーブ関連)、そのため『深刻なエラーでヤバいのかも?』と信ぴょう性が無駄に出てしまっていたりしました

自動セーブを切ってからプレイしてみると、その後一度もエラーはなかったので、

信頼性のないSDカードは使わない(いくら安くても壊れたら意味ないぞ!
自動セーブ機能は切る

これらに気を付ければ、ポケモン新作のプレイは問題ないと思います( ´ ▽ ` )ノ

では、話を戻しまして…
『新作ポケモンはどうだったのか?』をさっそくレビューしていきたいと思います!

 


ポケモンシリーズ(GOを除く)で初のswitch参戦!

 

※ピカブイもポケモンを冠するソフトでswitchから発売となりましたが、あちらは歴代ポケモンシリーズとは仕様等が大きく異なりましたので、歴代シリーズとは別枠という扱いにするとします

 

ピカブイを除けば、switchで発売となるポケモンシリーズは『ソード』『シールド』が初となります
3DSからswitchになって何が変わったか? といえば、やはりグラフィックでしょう!

街の風景からポケモンにいたるまで、美麗なグラフィックで描かれるポケットモンスターの世界は圧巻の一言!
加えて、ポケモンと人がちゃんと共存している感じが描かれているのも、個人的にとてもグッド👍でした!

↑ 主人公宅にいるスボミー。庭仕事を手伝う&くつろいでいる感じ

↑ 水が飲める場所。人間だけでなく、背の低いポケモンも飲めるよう地面近くにも設置されている

何気ないことなんですが、「ポケモンと人間が一緒に暮らしてるんだな~」というのがすごく実感できて、なんだかジーンとしましたね

↑ 主人公(女子)の部屋

これまでだと主人公の部屋もライバルの部屋も、入れても味気ない感じが多かったですが、今作はしっかりと個性が出ていました。何気ないですが、こういうの嬉しいです!
ピカブイでブイをプレイしていたので、置いてあるswitchがピカブイ仕様で、イーブイの人形が飾ってあるのも地味に嬉しい!

 

今作の新要素をみていく

剣盾の新要素といえば、ダイマックス』『ワイルドエリア』『ポケモンキャンプなどが代表的かと思いますので、そちらについても軽く見ていきます!

 

意外と盛り上がる『ダイマックスバトル

ダイマックスバトルは、特定のエリア、場所でできるポケモンバトルのことで、ポケモンが巨大化して戦います!

中には、巨大化すると特殊な姿になるポケモンも…!

また、このように巨大化した野生のポケモンと戦うこともあり、そのさいはチームとなって『ダイマックスレイドバトル』を繰り広げたりもします

この巨大化には制限があり、トレーナーの場合は敵味方ともに3ターンしか巨大化はできません
なので、タイミングなどをしっかり考えて、今だ! というときにダイマックスする必要があります
たったの3ターンなのですが、ジムバトル、重要なバトルでは相手がダイマックスをしてくるので、今作のポケモンでは切っても離せない重要なシステムとなっています

個人的には、ダイマックスで普段と姿が変わるポケモンがいるのが面白いなと思いました(上の画像のカビゴンは現在期間限定で挑戦できるマックスレイドバトルのカビゴン

ただ、『ダイマックスレイドバトル』はswitchのオンラインサービス(有料)に繋がないと、NPCの助っ人キャラでは勝つのが難しい仕様となっている点がマイナスかなぁと思いました
NPC助っ人キャラは、相手のポケモンに限らず、そのNPCで出すポケモンが決まっています
しかも出すポケモンが弱いんです…。コータス、ピッピ、イーブイ…「あの、進化は?」と思わずツッコんでしまうこと間違いなしです。。
たとえば相手がカビゴンなら、有利を取れる格闘タイプや格闘技の入ったポケモンが選ばれる、とか、そういうこともありません。。
今のところ、このカビゴンの★5の強さが出てきたら、ぜんっぜん勝てないので挑んでいません(´・ω・`)

 

今作一番のウリ!『ワイルドエリア

こちらのプレーヤーレベルに関わらず強いポケモンが問答無用でアタックしてくることで有名なワイルドエリア
ある意味、このエリアが剣盾の一番のウリだと言ってよいでしょう!

この広大なスペースに、さらに奥にもワイルドエリアが広がっています!

↑ ラプラスが泳いでいたり、ルカリオが歩いていたり…。こういった珍しいポケモンは、遭遇すればレベルが高いので、最初は見るだけでした

ジムバッジを得る度に捕まえられるポケモンが増えていく感じはよかったですねー!
そして、高レベルポケモンを避けるあの緊張感も独特のものでした…w
天候が変わると出てくるポケモンが変わるので、その点も面白いと思います。毎日ワクワクしながらワイルドエリアに通えます!

また、このワイルドエリアの『ポケモンの巣』と言われている場所があり、ここでダイマックスレイドバトルができます

 

個人的にとても気に入った『ポケモンキャンプ

ポケモンとキャンプをする、その名もポケモンキャンプ!

これまでもポケモンと仲良く遊べる機能はありましたが、キャンプ、いいですよ!
というのも、自分とポケモンの一対一ではなく、手持ちのポケモンと自分、という空間を味わえるんですよ~!
じっと観察していると、ポケモン同士で競争したり、遊んだり、こっちに気づいて駆け寄ってくる子がいたり…
キャンプは何回やっても飽きませんね

↑ 遊び疲れて寝ちゃうブースターかわいすぎる

また、キャンプではポケモンと遊ぶだけでなく、体力回復などにも繋がる『カレー作り』をすることができます!

カレーの具材となる素材を一つ選び(この場合ソーセージ)、木の実を投入し、味などを調整することができます

 


今作をまとめてみる

 

チャンピオンを倒すところまでいき、エンドロールを見たので一応「クリアした」と言ってよいところまで進めたアリス
ザックリ、今作の『良いところ』『イマイチなところ』をまとめていきます!

 

良いところ

美麗なグラフィック(ポケモン、街など

新要素はどれも面白い

これまで述べてきましたが、

美麗なグラフィック … switchになったことで、ポケモンや街などがより繊細に、美麗に描かれ、美しいポケモンの世界を堪能できる
新要素 … すべてを手放しで喜べるわけではありませんが、今作の新要素は総じて面白いと思います

上記については「良いよ!」と言えると思います

 

イマイチなところ

最初に言ってしまうと、今作はイマイチな部分が目立ちました(´・ω・`)

・なぜかサッカー

・伝ポケが最初と最後しか出てこないから影が薄い(活躍の場もない…

・チャンピオン…

・シナリオに深みがない

とくに言いたいのはこんな感じでしょうか…。順番にいきます!

 

なぜかサッカー推し

今回のポケモン、ジムへの挑戦が特別なイベント扱いされています
挑戦には専用のユニフォームがあり、試合はスタジアムのコートで行う、というルールもあります

なんていうかもう思い切りサッカー! という感じですw なぜ…w
別にサッカーが嫌いなわけではないんですが、ジムへの挑戦が完全に『イベント!』って感じで、これまでのジムとは別な扱いです

まぁ、サッカーなのはそれでいいのですが、そのためか、旅のルートを固定化されます
ちょっとあっち行こ~、ということができず、「このジムに勝ったら次はこちらへ!」とルート化されていて、自由がないなぁ、と思いました

これまでのポケモンもある程度は道筋がありましたが、行き止まりになるにせよ、自由な部分はありましたからね。それがまったくないと言ってもいいかもしれないです…

 

伝ポケが冒険の最初と最後しか出てこず、影が薄い…

今作の伝説のポケモン、犬のような2匹

冒険の始めの方で出てきて場を盛り上げてくれたのはいいのですが、その後、伝説上の話として登場はしても、しっかりと出てくるのは冒険も終盤の最後の最後です( ゚Д゚)
あまりにも出てこなさすぎて、このままもう出てこないのかと思いましたよ…

このわんわんはチャンピオンを倒したあとでしかゲットできないので、もうその頃にはわんわんの活躍の場所もないよ…(´・ω・`) なんだかなぁ。せっかくゲットしてもここだぁ! って活躍の場がないのか……

今作は『準伝ポケ』的な立ち位置のポケモンもいないようで、その点も「うーん…」と感じます
まぁ、ワイルドエリアでレアなポケモンが出るので、そのために削った…のかもしれませんが

 

チャンピオンが自分中心すぎる

今回、一緒に旅立つことになるホップの兄がチャンピオンで、わりと最初から出てくることになります
最初のポケモンをくれるのも彼だったりします

↑ 今作がサッカーだからか、いつもサッカー選手みたいな格好にマントを羽織っているチャンピオンのダンデ

今作チャンピオンとして登場する彼ですが、自分中心、ですね(´・ω・`)
弟と主人公にジムチャレンジを認める推薦状というのを書いた理由も、「俺を楽しませてくれ!」系の理由ですから…
彼がしっかりしていれば、ローズが暴走したあの件も回避できたんではないかなぁ、と思います

 

シナリオに深みがない

今作のジムチャレンジはみんなにとってもイベントであり、スタジアムで見世物のように戦うことになる主人公
観客、ダイマックス、BGMも相まって盛り上がるには盛り上がるジムバトルなんですが…
今作、という悪の存在もなく、シナリオは盛り上がりに欠けます…

以下、壮大なネタバレになるので一応伏せます

 

タップ、クリックで表示

今作には『悪』という悪は登場せず、

主人公の進路を邪魔してくるエール団
良い人だけど最後に馬鹿をするローズ会長

がそれっぽい立ち位置で出てくるだけです
エール団にいたってはまだ理屈はわかるのですが(勝ってほしい人がいるから他のトレーナーの邪魔をする)、ローズ会長。あの人はちょっとよくわかりませんね

あの人がムゲンダイナという伝ポケを利用した理由は、『そのエネルギーで千年後のガラル地方も豊かにするため』系でした
百年後っていうならわかるんですよ。差し迫った問題だな、って
でも千年後って、人間が生きてるかどうかもわからないのに、そんな先のこと考えて一体何言ってるんだコイツ??? ってなるわけです
しかもそのために伝ポケを私的に利用して、挙句暴走させるとか…意味がわからん。。。頭良いと見せかけて頭悪い大人だった、としか言えません…
千年あれば、未来へのアプローチの方法なんて、それこそたくさんあるでしょうに。なぜ生き急ぐんだローズよ

ここでダンデに言及するわけですが
彼、ローズ会長に何度もその話をされていたらしいんですよね。で、その度にすげない返事をしてきた、と
ダンデ、自分のことばかりですからね。強いヤツと戦いたいとか、そんなんばっかり…
ダンデがもう少し賢くて、千年後のガラルがどうこう言ってるローズ会長が暴走する危険性などを考えられたなら、こうはならなかったはずなんですよね~
または、親身になって相談に乗って、「お前の言いたいことはわかるけどさ…」という感じで、一緒に未来について考えて、託しあえるような仲だったら、こうはならなかったよな~

もし今回、ダンデがもう少し賢くて、ローズを止めようと裏でアレコレ動いていたとしたら、シナリオはもうちょっと深みを増した気がします…

 

こんな感じでしょうか

 


まとめ

 

長々と書いてきましたが、最後にまとめてみましょう!
ポケモンソードを遊んでとくに感じたことは、

 

・ポケモンと人間が共存してる美しいグラの世界

・キャンプとカレー作りは癒し

・新要素は手放しで喜べないが、ほぼ面白い

・シナリオに深みがない。薄い

・伝ポケ登場遅くない?(もう出番がないよ

・クリア後要素少なくない?(犬の伝ポケゲット、バトルタワーくらいしかない

 

ぶっちゃけるとこうですね!

ピカブイを除く歴代ポケモンシリーズとしては、初のswitch版となったソード・シールド
人によっては「今作コイツ使えないの!?」というポケモンもいてブーイングがあるようですが、その辺りは新ポケとのバランスもあるので、パーティー固定化を取り払うためにも致し方ないとして…

久しぶりにポケモンシリーズの新作をやりましたが、シナリオ的には劣化してるなぁ、と感じますね(´・ω・`)
そろそろポケモンもネタ切れなのかなー

 

 

しかし、個人的には『人とポケモンが仲良く共存している世界』を見られたことが嬉しかったです

このクオリティで金・銀とかリメイクどうですかね! 絶対買いますが!(

 


 

以上が、全体を通してのアリスのソードプレイの感想となります!
評価で☆5を満点としてつけるとしたら、全体的にキレイに仕上がっているが、シナリオが…』という部分は否めないので、☆3.5かなぁ…
新要素全部で☆4だけど、シナリオ部分でマイナスという感じ

新作のシナリオが難しくなってきたなら、またリメイクでごまかしていいので! このクオリティで金・銀とかどうですかね!! ぜひ! 待ってます!!!

長くなりましたが、以上となります!
ポケモン剣盾の購入を迷っている方の参考になりましたら幸いです!

 

ランキングに参加中です! ポチッとしてもらえると励みになります❤(ӦvӦ。)

 

 にほんブログ村 ゲームブログへ