秋にドナウ川のリバークルーズへ!

2020年3月12日

 

ついこの間ハネムーン地中海クルーズへ行ったよ!」という記事を書いたばかりなのですが…

 

↑ 旅行記はこちら

今秋、また別の海外旅行へ行くことになりました\( ゚д゚ )/

その名もドナウ川クルーズです!

クルーズというと大型客船で海を行くのをクルーズと思いがちですが、海外にはリバークルーズなるものが存在します
日本の川は、小さく狭く急流が多いので、せいぜい小さなボートでの川下りしかできませんが、海外の川は緩やかな流れで川幅も広いことが多いです。なので、『リバークルーズ』なんてものが成り立つのですね~

ということで、今日は行くのが決まったリバークルーズの話をしたいと思います❤(ӦvӦ。)

 


ドナウ川クルーズ 10日間

 

アリス、そしてアリスの母は、リバークルーズに憧れておりました
普通のクルーズに行ったことがあるのになぜ? と思われるかもしれませんが、リバークルーズには海のクルーズとは違った良さがあります

というのは、景色の近さ

海を行くクルーズの場合、どうしても船が大きくなり、寄る港も大きく、景色は海か、遠い街を見下ろすことが多くなります
対してリバークルーズは、四階建てくらいの細長い船でゆっくりと川を行くので、両サイドに街や移りゆく自然の景色を楽しみながら、のんびりとしたクルーズを満喫できます
また、海は天候や季節で荒れて船が揺れたりもしますが、リバークルーズは揺れが少ないのも特徴です

日本ではリバークルーズというものがないので、日本人にはまだ馴染みの薄いリバークルーズ
通常のクルーズとは一味違ったのんびりとしたクルーズを、味わってみたい…!
という感じで、今回初のリバークルーズへ行きます!

 

 

ウィーンブダペストブラチスラバを巡る

 

今予定しているリバークルーズは、

・行き帰りの飛行機はANAの直行便利用
・船は『アマデウス・エレガント』に乗れる
・OPの観光があるので行ったことのある場所を除外したり、自分で調整できる

以上が決め手となったポイントです。詳しくいきます!

 

ANAの直行便利用

地中海行きのときも思いましたが、やはり日本系列以外の飛行機は、機内で退屈します(;´Д`)
というのも、座席で見れる映画などが結構限定されるのですよね…

地中海行きのときはオランダ航空に乗りましたが、日本語で見聞きできる映画などは少なめでした(´・ω・`)
対して、ANAJAL『日本語吹き替え』もあれば『英語音声日本語字幕』も選択でき、映画、テレビ番組と幅広く取り扱っているので、機内で退屈はしません❤(ӦvӦ。)
どうしても機内での時間が長くなるヨーロッパ行きでは、ここは嬉しい点です!

 

乗る船は『アマデウス・エレガント

『アマデウス・エレガント』は創業から30年以上ルフトナー・クルーズ社の船で、家族経営の船会社らしく、アットホームな雰囲気のある船みたいです( ´ ▽ ` )ノ
アットホームな雰囲気のある船なので、畏まって乗る必要がないのはいいですね~
船のランクが高いと、スーツやドレスが定番となってきちゃうので、初めてのリバークルーズはアットホームなくらいでちょうどよい気がします( ´ ▽ ` )ノ

船ができるまで、という動画を見つけました
ハイ、リバークルーズはこんな感じで細長い船が多いです

 

寄港地で『OP(別料金)の観光』があり、行くか行かないかで調節ができる

今回行く予定のクルーズは、

ドイツ 【ミュンヘン】【レーゲンスブルク】

オーストリア 【リンツ】【ヴァイセンキルヒェン】【ウィーン】

スロバキア 【ブラチスラバ】

ハンガリー 【エステルゴム】【ブダペスト】

これだけの場所に寄り、観光がついている場所もあれば、別料金で観光をつけることのできる場所もあります
とくにウィーンは一度行っていますから、一度行った『シェーンブルン宮殿』とかは今回はいいかな、と思うので、ここは観光に行かず自分たちで一日ウィーン観光をしよう、と計画しています(`・ω・´)
OPの観光があると、自分で観光量の調節ができるのが良い点ですね!

寄港地の詳しい場所などは、自分の予習も兼ねて、また別途記事で書きます( ´ ▽ ` )ノ

 

 

とりあえず観光本を用意

 

10月の末に出発するので、今からまるっと二ヶ月時間がありますが、早めに観光本を用意しました(`・ω・´)

ドイツは前の旅行で使ったものを再利用するとして、オーストリア観光のための本を新たに購入しました!

 

購入したのはこちら、地球の歩き方』のウィーン&オーストリア本
写真が多いドイツ観光本のようなものにしなかったのはなぜかというと…
今回のリバークルーズはドナウ川沿いを行く=観光でそこまで有名でないところも行く』となるので、有名所を取り上げるまっぷる系の観光本ではそこまで載っていないのです(´・ω・`)
有名所以外も網羅している観光本…というと、『地球の歩き方』はメジャーどころですよね
プラス、ウィーンは何度だって行きたいと思う街!
なので、今回は思い切ってこの本を買いました( ´ ▽ ` )ノ
あとで寄港場所に付箋をつけて目を通そうと思います!

 


 

およそ二ヶ月後に迫っている初のリバークルーズを楽しむため、体力をつけなくては…!
地中海クルーズで太って帰ってきましたしね。うん。ちょっと運動しないとですね…(‘、3_ヽ)_
最近は暑さも一段落していますし。ハイ。ガンバリマス

ということで、ドナウ川のリバークルーズ行きが決定したよ! なお話でした!

 

ランキングに参加中です! ポチッとしてもらえると励みになります❤(ӦvӦ。)

 

 にほんブログ村 旅行ブログへ