【Steam】『FIRE WATCH』プレイ記④

 

Steamその他でプレイできるファイアーウォッチ、進めていきましょう!

 

↑ 前の記事はこちら

ざっくり、前回のあらすじ

森林局に電話をしようと思ったら繋がらない、というデリラの提案で、その日は『電話線の点検』をすることになったヘンリー

電柱をたどって順番に見ていくと…なんと、昨日の困った少女二人が飲んでいたビール缶を発見。嫌な予感とともに電柱を見ていけば…

切られている電話線!「あたし達がやりました!」と言わんばかりに転がるビール缶!ヽ(`Д´#)ノ
探し出して業務妨害や器物破損で訴えてやろうとしましたが、しかし少女たち、捨て台詞を紙に残して山を下りてしまったようです。このクソガキめー…
納得はできませんが、下山したなら、今後このクソガキどもに悩まされることはないでしょう…。納得できんがな…親の顔が見てみたいぜ

では翌日から、いってみましょう!

 


3日目

昨日もあっちへ行ってこっちへ行って大変だったヘンリーですが、今日はどうかな?

はい、3日目です! 初日、2日目と濃い時間が続きましたが、今日はどうかな?

今日のヘンリーは、割られた窓を板で塞いでいました。そうだね、そのままだと虫とか入ってくるし…塞がないよりはいいよねぇ

ちなみに、無線で連絡を取り合っているデリラがいるのはあそこです。ソロフェア監視所。隣の区域になるようですね

はい、窓塞ぐの最後の一枚! これで終わり!
窓を塞いだヘンリー。昨日、今日とやることが盛りだくさんあったので、今日も何かあるだろうと「今日はどうすればいい?」とデリラに指示を請いますが…彼女は苦笑気味に「どうって? 何もないわよ」と言います
そうなんです
この2日、山に侵入した少女たちに振り回されてきましたが、ヘンリーの仕事は森林火災監視員…。山火事が発生していないか、どこかであの少女たちのようなおバカがキャンプファイアをして煙を上げている場所はないか、と森を見張っているのが仕事なのです
つまり、やることは、森林を見守ることだけ。孤独で退屈な仕事です…
しかし、それが本来のお仕事なのです
ということで、ヘンリー。本日からようやく森林火災監視員らしく、孤独な見張りの仕事に入ります…!

3日目はこれで終了!Σ(゚Д゚)
え、ええ…w まぁそりゃ、見張ってるだけだから、飛ばされもするわな…w とすると、4日目からはどうなるんだ…?

 


9日目

9日目Σ(゚Д゚) 飛んだな…!w 森林火災監視員として何も異常のない日々が続いたってことだろう…w

さて、しかし、何かいつもと違うことがあったから9日目が入ったわけで…何があったのかな?

サンドイッチかな? ヘンリーは外でご飯を食べてるようです

いい夕焼けだー! デリラもこの夕焼けを見ているようですね。二人は世間話をしています
これでヘンリーが森林火災監視員の森を見張る仕事をするようになって、一週間かな。孤独な仕事、暮らしにも彼は慣れてきたようです
雑談から入った無線連絡ですが…デリラは気になることを言い出しました

『若い女性2人に捜索願が出た。一週間連絡がないらしい』

はぁ、ふーむ? …若い女性2人ねぇ(´・ω・`)
ヘンリーに話を振るってことは、その2人があの悪ガキ2人じゃないかとデリラは思ってるのかな?
捜索願が出されている2人の名前も出してきましたが、当然、2人の名前なんてヘンリーは知りません。持ち物を細かくチェックしたわけでもないし、2人が名乗ったわけでもないし…名前を聞いたとして、素直に答えていたとも思えないしなぁ
叔母に会うと行って家を出た2人が、もしあの悪ガキなら、最後に目撃したのはヘンリーってことになるんじゃないか。そう言うデリラに、ヘンリーは思わずため息です
うーーん一難去ってまた一難なのか…?w それもあの悪ガキのせいで?w
酒を飲んでいたとはいっても、電線を切る、なんて悪事をする2人ですよ。何かあったとしても天罰な気がするわ( ˘ω˘ )
まぁ、しかし、もしかしたら該当の2人はヘンリーが見たあの2人かもしれなくて…
そのことについて、警察から連絡がきたら報告するか否かという話になったので、アリスは一応「話はしておく」方を選びました。黙っておくってのもありましたが、まぁ、そうかもしれない少女2人を見かけはした…とだけ言えば充分じゃないかなぁ

という、何やらまた不穏な空気が……というところで9日目終了です!

 


33日目

15日目の夜に奥さんと電話していたシーンがあったんですが、それだけだったので、ちょっと抜かしますね( ˘ω˘ )
次は33日目! 森林火災監視員の仕事を始めて一ヶ月かぁ…手慣れたもんだな、ヘンリーよ

さて、本日ですが、久しぶりにヘンリーを動かして山を行くことになりました!
その目的は? というと、食料の調達です
こんな山奥ですから、当然スーパーなんてないし、コンビニもありません
ヘンリーの食事その他は決まった場所に配給となっていて、そこまで取りに行く必要があるのです

ヘリが来て一人が降下、ボックスに食料を置いていくって感じみたいですね。なるほど~じゃあ取りにいくしかないな~
道中、とくに何事もなく、それなりに長~い距離を移動して、やっと目的の場所に到着!

ちょっと大きめの箱で、そのへんのボックスと色が違いますが、補給の箱だってわかりやすくするためかな
番号を教えてもらって…と

お、入ってますね! 真ん中がヘンリーの分。あとの2つはわざわざ別の場所から取りに来る監視員の分か…
いやぁ、当然ですが、他のは取りませんよ? 配達の人また来ることになっちゃうし、取ったら減給だよ(´・ω・`)

デリラにも釘を差されました。心外な! 取らないよ! 帰ってご飯食べよ~

 


 

とくに問題事のないのほほんとした回となりましたが、ヘンリーは森林火災監視員として問題なく仕事をこなしているようです
しかし、行方不明になった少女2人というのが気がかりですね
さらに、少女達とは別人であろう例の不審な人影も、正体不明のままですし。もしかしてあの不審者が少女達を襲ったとかもありえるのでは…??

なんて想像を働かせつつ、続きが気になるところですが、キリがよいので今回はここまでにしますね!

 

ランキングに参加中です! ポチッとしてもらえると励みになります❤(ӦvӦ。)

 

 にほんブログ村 ゲームブログ 今日やったゲームへ