【Part6】ドイツ・オーストリアのクリスマスマーケット 8日間の旅

2019年1月14日

 

アリスがこの間行ってきた『ドイツ&オーストリア旅行』の記事、未読の方は以下から飛べます!

 

今日は6日目、オーストリアのウィーン観光から、続きを書いていきますね!

 


6日目 ウィーン観光 → フリータイム

本日の予定はこんな感じです

 

午前中 ウィーン市内観光(シェーンブルン宮殿、ベルヴェデーレ宮殿、クリスマス市など)

観光後昼食。その後解散でフリータイム、自由行動へ

 

今回の旅行で利用したホテルの中では一番外観が良いホテルに昨日、そして今日も泊まります! 連泊です!
昨日ホテルに到着した頃にはすっかり日が暮れていたので、ホテルの外観など後回しになっていました。朝食を食べに行くついでにあちこち撮ってきましたよ!

 

オーストリアトレンド パークホテル シェーンブルン

オーストリアトレンド、パークホテル、シェーンブルン
その名にシェーンブルンがあるように、シェーンブルン宮殿まで徒歩で行ける距離のホテルとなっています。地下鉄の駅も近いので便利です!

ホテルの外壁も、シェーンブルン宮殿に合わせているのでしょうか。マリア・テレジア・イエローのきれいな色をしています

どうです? かなり豪華な外観でしょ?((o(´∀`)o)) ここに連泊なんですよ!

ホテルの前は普通に道路です。教会なども見えますね。地下鉄の駅までは歩いて五分でした。近いです!
そして、外観だけでなく中も豪華なこのホテル。昨日もチラッと撮りましたが、今日も撮りました!

ロビーは広く、床は大理石なのかな? ツリーもあってキレイですね。海外って感じの広さ!
奥にバーもあって、昨日の夜到着したときは、おばさま達がワイン片手にトランプなどに興じていました

残念ながら昼間は閉まっているようです。バー専用なんですね~
と思えば、他にもバースペースがΣ(゚Д゚)

1つのホテルに2つのバーとは…!
せっかくなら雰囲気だけでも味わいたいものですが…今日は午後はフリータイム。遅くまでウロウロして疲れ切って帰ってくると思うので、バーに寄るような元気はないだろうな…w

朝食の会場へ

さて、そろそろ朝食を食べましょう!
外観、ロビーその他が豪華なのですから、朝食会場も今までの中で一番いいですね…!

広いスペースにたくさんの食べ物が…! 全部はとても食べられないなΣ(´∀`;)
いや~よりどりみどり。明日もこの朝食食べれるんだな~~

母親のと合わせてドッサリな朝食

アリスは趣味丸出し! お肉とチーズばっかりです!(

スモークサーモンがあったのでおかわりしてきました(*ノω・*) いやーおいしいよねスモークサーモン…これとチーズを延々と食べていたい……
食べるスペースもとても広くって、アリス達はゆっくり食べようと奥のひろーい会場へ行ったのですが…

見てください!Σ(゚Д゚) いや広すぎでしょう!?w
団体客を受け入れるときは開けている場所なのかな? おかげで席には全然困りませんでした

天井も豪華だな~! 素晴らしい! ただの朝食がとても贅沢に感じられますよ…!

ご飯を食べたら、連泊ですから、今日は身軽な格好で動けます。トランクなど持ち運ばなくてよいですからね…!
今日の天気は曇りな感じで、降水確率はゼロパーセントとのことなので、カッパとか、いいかな…? わりと荷物になるんだよね(;´Д`)
フリータイムはたくさん歩く予定でいるので、なるべく身軽な格好で、時間になったらホテル前に集合。バスに乗って、まずは近くの『シェーンブルン宮殿』へ!

 

シェーンブルン宮殿

オーストリア観光なので、今日も現地のガイドさんがつきます。今日は男の人でした!
同じ男性でもやはり海外在住の男性は気が利くな……(゜レ゜) と思いつつ、バスに乗ったらものの三分でシェーンブルン宮殿に到着です!

バスから見えてとっさに撮った一枚。曇り空が主なので光が足りない色合いだ…

バスを降りて、門を抜けて中に入って撮った一枚

こちらは次の日、晴れた朝に撮った一枚
おおー…シェーンブルン宮殿。で、でかい(゚д゚)
遠目でもすんごくでっかいことだけはわかる…。敷地もとっても広い…
おまけにこの建物の奥には庭があるんでしょ? 庭っていうかもう庭園が、何倍…? 建物の何倍の広さなんだろう。とにかく広大な、大きな宮殿のさらに何十倍もある広大な庭園が、この建物の向こうに広がっています

一言説明【シェーンブルン宮殿とは…】

およそ600年オーストリアに君臨し続けたハプスブルク家の大宮殿のこと。
女帝マリア・テレジアが増改築工事を指示し、今日に残るシェーンブルン宮殿の重厚かつ壮麗な姿となる。
かつての栄華を映し出すシェーンブルン宮殿の輝かしい黄色は、親しみを込めて『マリア・テレジア・イエロー』と呼ばれている。

門を抜けた横がチケットセンターなので、ガイドさんがチケットを引き換えてくるまで、パシャパシャと写真タイム

チケットセンターの前には、シェーンブルン宮殿のミニチュアがあります。雨で濡れてますが、鉄製なので外に放置のようです(゜レ゜)
ここにもクリスマスマーケットがあるのですが、シェーンブルン宮殿の見学も予約がしてあるので、まずは中の見学から行きます!

入り口部分の、なぜか天井を写しているアリス…w

像がありました。ライオン? を人が倒す系のやつかな…?

これ、なんだと思います? かなりでっかい、2メートルくらいの高さのものが部屋の隅にドシッと陣取っています
実はこれ、昔のストーブなんですΣ(゚Д゚)
この中で薪とか燃えてるんだろうか…? 確かに、宮殿内はじんわりとあたたかいです。あれかな、オイルストーブみたいな感じなのかな…?

肝心の宮殿内は、写真動画撮影禁止!!

ですので、感想だけ箇条書きします(ノД`)

・ドイツのノイシュヴァンシュタイン城も豪華だと思いましたが、こちらもかなり豪華!

・ヴェルサイユ宮殿の『鏡の間』を連想させるような広くてキレイな部屋すごい(゚д゚)

・宮殿内で一番豪華と言われている『百万の間』…金の額縁の中に羊皮紙に描かれた絵がたくさん飾ってある。とりあえず豪華。でもこの部屋は何をする部屋なんだろうか…? 眺めるだけなのだろうか…?w

・日本や中国の陶磁器、そして壁を漆塗りしてある部屋はちょっと親しみがわく

・寝室のベッドはやはり小さい気がする…

こちら、お土産屋さんで宮殿のパンフレットを買わなかったので、ちょっとだいぶうるおぼえです(;´Д`)
見学のあとはお土産屋があったんですけど、列を作って並んでいたのです(ノД`) 買いたかったのですが、このあとクリスマスマーケットもグルッとしたり庭にも行ってみたいことを考えると、ここで時間を使い切るわけにもいかず…。今思えばやっぱり買っておくべきだった~~
写真動画禁止のところは、どうしても記憶に残りづらいので、パンフレット系を買っておくことをオススメします(´・ω・`) 人間は忘れていく生き物なのだ…

シェーンブルン宮殿前のクリスマスマーケット

シェーンブルン宮殿前にもクリスマスマーケットがあります

宮殿から出る前に、外をパシャリ。結構広いですね…!
動画も撮りましたのでペタリ

動画の中で、小学生かな…? 子供が大人の引率で来ているようです
いいなぁ…オーストリアの学校ではこういう場所に当たり前に社会見学に来るんだろうなぁ

魅力的なお店ばかり…!
とくに上の写真のノート、欲しかった…。たぶん使わないままずっと持ってることになると思ってぐっとガマンして買わなかったんですけど…欲しかった(´・ω・`)
夜はいい雰囲気そうですね~~

マーケットを歩いていたら、とてもじゃないですが庭園に行く時間がなかったです…(´;ω;`) 広い庭園~~せめてひと目見たかったあああ(´;ω;`) もっと時間をくれええあと30分…!

 

ベルヴェデーレ宮殿

次に向かいますはベルヴェデーレ宮殿です!
ベルヴェデーレ宮殿は賓客を迎えるために建てられた宮殿で、現在は美術品を展示する美術館となっています
バスで近くに下ろしてもらい、歩いて宮殿に向かいます! 今日があまり寒くなくてよかったなー

お、クリムトの絵があります!
あとで絵を見にフリータイムでもう一度来る予定ですが、ツアーでも立ち寄ります。立ち寄るだけで中には入りません( ˘ω˘ )

最初の門から結構歩くんですよね、ベルヴェデーレ宮殿。ご覧のように建物が遠い…w
今日はすごく寒いってわけではないので全然歩けますが、寒風吹きすさぶ中だと歩くの大変そうだ((((;゚Д゚))))

また門! ライオン? がおまた広げている…w デザインww

門の横を通ってさらに奥へ。遠いな~宮殿w

ようやく着きました! 晴れ間もいい感じです!
ここがベルヴェデーレ宮殿の上宮です。クリムトの接吻などが飾ってある美術館ですね
ベルヴェデーレ宮殿前にもクリスマスマーケットがあります。夜は雰囲気よさそうですね~

ベルヴェデーレ宮殿は、上の案内写真の左下部分の門から入って、庭園を通り越して、地図の真ん中辺りにある建物がベルヴェデーレ宮殿の『上宮』です。さらに歩いて庭園を越えた先にはベルヴェデーレ宮殿の『下宮』があります
上宮が賓客の歓迎のため、公式行事の舞台のため華やかな造りになっているのに対し、下宮は居城として使われていたそうです。今回はそちらには行きません(´・ω・`)

スフィンクス(胸が…)の像とベルヴェデーレ宮殿『下宮』が入るように撮る、この形がベストショットらしいです。写真を撮るときはここに人が入るとよいかもですね~

ツアーでは立ち寄るだけなので、ベルヴェデーレ宮殿は以上です! またあとで来るぞ~

 

市庁舎前のクリスマスマーケット

ウィーン各地にクリスマスマーケットがありますが、一番大きいのは市庁舎前広場で開かれているクリスマスマーケットです!

あの建物がウィーン市民の誇りとも言われる市庁舎…! いいなぁ、市庁舎がステキなんて…! 日本は……言うまでもないぜ…。誇り? ナニソレ状態

昼間ですが、人はけっこーいますね…!
こちらも立ち寄るのみなのですが、場所の確認ができるだけよし
フリータイム、暗くなってからがイルミがキレイとのことなので、またあとで来る予定です(`・ω・´)

市庁舎前なのでこちら、トラムの駅となっています。長崎でいう路面電車みたいなヤツですね。フリータイムはこれを活用する予定です!

 

車窓越しの景色

国立オペラ座

ガイドさんによると、『2日として同じ演目が続かない』オペラ座。車窓越しとはなりますが、動画撮りました!
立ち席567、座る席1709。年間98パーセントで座席は埋まっているということで、すごいな…(゚д゚) もちろん今日も公演していて、そして、席は埋まっているんだろうなぁ

 

お昼ご飯に『ウィンナーシュニッツェル』を食べる

あちこち行きましたが、そろそろお昼ご飯の時間です
今日のお昼はこちらのお店でいただきます!

よ、読めない…。名前も失念してしまった…
団体は地下に案内されました。だいたい団体は通常客とは別の席( ˘ω˘ )
海外は広い間取りのお店が多いので、地下もあったりします
だいたい地下階にはトイレがあるのですが、このように席がある場合もあるようです

地下階の席はこんな感じ。上はわかりません(´・ω・`)
団体なので、食事は決まっております

スープ

この味なんですが、じゃがいもと…なんだろう?w 不思議な味のスープだな~

・メイン『ウィンナーシュニッツェル

お次はメイン料理、オーストリアの名物料理、ウィンナーシュニッツェルです!
ウィーン風仔牛のカツレツ…つまるところ海外風のカツですね!

おお…確かにカツ(゜レ゜)

薄切りした仔牛肉を叩きて伸ばして揚げた料理なので、こういうふうにペラいみたいです。ケチいわけではなくこういうもの…!
日本みたいにどっしりしてたらまたお腹にたまるから、このくらいの方がよいかもε-(´∀`)
うーん…。レモンを絞って食べる、とのことですが、日本人としてはソースとか欲しくなる味…w

デザート

ザッハトルテ風! の、ケーキですw
というのも、オーストリアではカフェ・ザッハーが提供しているチョコレートケーキのみが『ザッハ・トルテ』と言うことができるのです。権利の問題ですね~
なので、このケーキはザッハトルテ風! のチョコレートケーキですw いたって普通のケーキでした…w

ご飯を食べ終わったら、トイレを挟んでお店を出て、添乗員さんがカフェ・ザッハー辺りまで案内してくれます。そこでツアーでの観光はおしまい、ガイドさんともお別れでフリータイムとなります!
せっかくなので、フリータイムは別記事にまとめますね!

 


 

6日目、まだ半分ですが、記事をわけようと思います~
アレコレ買っておけばよかったなぁという後悔が残る…(´・ω・`)
やはりゆっくり時間を取るプランでないと「満喫した!」とは言えないですね~(お土産買う時間がもっと欲しい…
シェーンブルンにいたっては庭園を見たかった(ノД`)

では、フリータイムからはまた別記事となりますので、楽しみにお待ちください!

 

 

↑ 続きはこちらからどうぞ

 

ランキングに参加中です! ポチッとしてもらえると励みになります❤(ӦvӦ。)

 

 にほんブログ村 旅行ブログへ