【Steam】『Brothers-A Tale of Two Sons-』プレイ記⑥

 

兄弟をコントローラーの右スティックと左スティックでそれぞれ操作してプレイしていくゲーム、『Brothers-A Tale of Two Sons-』続けて遊んでいきましょう!

 

↑ 前回のプレイ記事はこちら

いかにも怪しい塔でしたが、古びていてあちこち崩れかけており、その先へ行こうとしていた兄弟を足止めします(´・ω・`)

この先へ行きたい兄弟。しかし見ての通り、橋は崩れており、先へ進めそうにありません
困って立ち往生する兄弟の耳に聞こえたのは、何か悲痛な鳴き声

思わず振り返り…ここにいても仕方ないし、と声の主を捜しに塔へと戻る二人

鳴いていたのは、檻に捕まったグリフォンのような生物でした
椅子や机、本、すべてがまるで巨人サイズのその部屋で、二人はグリフォンを檻から解放してやります

グリフォンはお礼とばかりに二人が渡れず困っていた橋の向こうへ、二人を乗せて飛んでくれたのですが……

怪我をしていたグリフォンは、長くあの檻の中で放置されていたのか…そのまま倒れてしまいました(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)
きっと檻の中で一人きりで命を終えるよりはよかったのだ…。そう信じたいなぁ

グリフォンの命を無駄にしないためにも、二人は先へ進まなくては……

 


辿り着いたのは、戦場でした

二人が道を下っていくと、辿り着いたのは…

ご覧いただけるだろうか…! そう、巨人がいるのです!\( ゚д゚ )/ 塔でにおわせていたけど、本当にいたとは…! いや、まぁ、生きてないけど…
どうやらここは戦場跡のようです(´・ω・`) どうして、どんな理由で誰と戦ったのかは不明ですが…動くものがいないなぁ
いきなり戦場に出たことで兄弟は狼狽えていましたが、それでも進むようです。頑張れ、兄弟…。お父さんのために…

道の上に腕が横たわっているので、刺さっている矢を二人で押してどかしてみたり…

動かない戦士をついばむ大きな鳥にヒィとなりつつ、道を行ったり…
血で川の水が赤い(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

 

怪しい宗教現場に遭遇

兄弟が頑張って進んでいくと…

巨人の戦士が流した血が流れ込んだ川が、なんか下で…んんん?? よく見ると人影が何かしてるように見えるなぁ。でも血の川で何かしてるなんて…まともな人達とは思えないなぁ…嫌な予感(´・ω・`)
しかし、そちらへ進むしかないようなので…行くしかない~

壁に何か書いてありますね。んー…中央に細長い人っぽい形のものと、周りそれを崇めてひれ伏す人の形…かな?
うーん、これはイケナイ宗教っぽいぞ…!w 先進みたくないなぁw

あー…。これは、女の人を生贄に、何かヨクナイものを召喚しよう的な、そういう儀式ですね…。あの細長い人っぽい形のものを崇めてるよくない団体ですね…
女の人はまだ無傷のようですし、助けることができそうです
ということで、兄弟が考えたのは…あの崇められている、真っ赤な人っぽい形。それを二人で真似ること!w
まずは血の川に全身を浸して真っ赤になります
次に、兄が弟を頑張って持って、弟は兄の方に足を乗せて支えてもらう形で頑張ってバランスを取る。その姿で怪しい儀式の会場に乗り込んだら、あえて喋らず、ハハーとひれ伏す人の間を堂々と歩いて…生贄の女性のもとへ!
もちろん、狂信徒が用意した生贄を食べるためじゃなく、助けるためですよw

あっさり助けられたので、さっさと逃げよう! 狂信徒はカンカンだ! それ逃げろ!
途中の川でザバッと血を洗い流して…

辿り着いたのは小舟のある場所! これに乗れってことか
こんな怖い場所とはオサラバだ~~

お、雪だぁ。寒そうな場所だなー。随分遠くまできたなぁ、兄弟
命の水はまだ遠そうだ

 


 

塔で暗示されてましたが、巨人っぽい存在が出てきましたね(ただし生きてなかった)
怪しい宗教団体もいるし…この世界広いね(´・ω・`)
危険地帯を抜けた次は寒そうな雪の世界です! 命の水は~まだ遠そうだ~~

ということで、キリがいいので今回はここまでにします!

 

ランキングに参加中です! ポチッとしてもらえると励みになります❤(ӦvӦ。)

 

 にほんブログ村 ゲームブログへ