【Steam】『Brothers-A Tale of Two Sons-』プレイ記④

 

兄弟をコントローラーの右スティックと左スティックでそれぞれ操作してプレイしていくゲーム、『Brothers-A Tale of Two Sons-』続けて遊んでいきましょう!

 

↑ 前回のプレイ記事はこちら

トロルの夫妻と別れたあと、薄暗く不気味な森で、狼に追われながら移動した兄弟

森を抜けた先は墓地でした。薄気味悪い森にもちょっと納得がいく(´・ω・`)
墓守なのだろうおじいさんに命の水について訊ね、先へ進もうとした兄弟ですが…狼に追われて崖から流れの急な川へ!

狼からは逃げられましたが、弟が泳げないので、溺れてしまいました
気を失っている間に見た夢は、弟の心理状態が反映されたようなもの(´・ω・`)

お父さんを囲っているお母さんの大きな手に、呼びかけても答えなかった兄が急に怒りの表情で弟の首を絞め始め…まぁこれらは夢だったのですが、弟、辛いなぁ(´・ω・`)

とにかく、先へ進みましょう! お父さんを助けるには『命の水』が必要で、そして、時間はもうあまり残されていないのだ…!

 


それっぽい建物発見!

一本道を抜けていくと、山岳地帯のような場所へ

!?(゚д゚)

ちょっと待って待って首吊ってる首吊ってる! ちょっと待ちなさいコラー!!
慌てて兄が縄を切りました。ふー危ない(;´Д`) ちょっとなんで首吊ろうとしてるのさこの人…
しかし、よくよく見てみると、上のSSの奥の方ですね。何か、燃えたあとがあるんですよね。そして燃えたものの前には布を被せられた人型の……大人サイズが一人、子供サイズが一人…
つまり、これは。この人の奥さんと子供が火事で亡くなった…今まさに後を追おうとしていたところを兄弟が駆けつけて助けた。ということか
また悲しいものねじ込んでくるじゃない(´・ω・`)
一応、男性は助けたあとは再度首を吊ろうみたいなことはしませんが、ずっと泣いています…
なんとかできんか~とウロウロ調べて、火事でボロボロになっている家跡にオルゴールを発見しました。思い出のオルゴールとかかな…? これを持っていってあげよう

悲しい音色だなぁ…(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)
しかし、このオルゴールの音色で男性の涙は止まりました

ずっとそのままになっていた奥さんと我が子の遺体を埋葬
おとーさん、もう大丈夫かな(´・ω・`) 大丈夫かわからんけど、これ以上は兄弟では何も力になれないし、こちらも目的があって進んでるし。先へ行きますか…

 

あそこが目的地…!?

悲しみのおとーさんと別れ、兄弟は先へ進みます

落っこちたらヤバイ((((;゚Д゚))))

にーちゃんが地図を見ながら見える景色と比べています。もしかして近いのか…?

あー!!Σ(゚Д゚)
アレじゃない? 絶対アレでしょ! ちょっといかにもなRPG感のある塔じゃないか! 命の水はきっとあそこだよ!
しかし、遠目で見る限り、橋っぽいのは途中で崩れ落ちちゃってるなぁ。どうするこれ?

と、兄が指さした先には何やら建物っぽいものが。誰か住んでるのかな…?
よく見ると、人力飛行機みたいなものもある気がするぞ…!w それが借りれればあの塔までも行けるかもな
よし、次はあの人力飛行機の場所まで行くか~
切り立った山岳地帯なので、登山には山羊さんの力を借りました

人間じゃいけないような足場もホイホイ進める!
あっという間に目的地に到着だ(´ω`)

やっぱりあるな、人力飛行機! そしてそれを作った? 博士っぽい人
博士(仮)! 人力飛行機貸してくださーーい!!

「あそこにある飛行機が使いたい」的なジェスチャーと一緒に博士(仮)にお願いするにーちゃん
博士、あっさりOK出してくれる。やったぜ!

おおー(゚д゚)
左右で捕まって、兄弟がどっちかに偏ることで飛行機もちょっと向きを変える感じかな。ふむふむ
では、いざ! 塔までいかーん!!

押して押して~…せーの…!

うっひょー!\( ゚д゚ )/
これで塔までひとっ飛びだぜー! エンディングは近い…!?

 


 

あの塔がそれっぽいと思ったアリスですが、思えば、『命の水』が記されてる地図には何か木みたいなのが描いてあった気がする…。ということはあの塔は最終目的地では…ないかも(´・ω・`)
まぁ、進めばわかるでしょう! 進むぞー!

というところで、長くなってきたので今回はここまでにします~

 

ランキングに参加中です! ポチッとしてもらえると励みになります❤(ӦvӦ。)

 

 にほんブログ村 ゲームブログへ