海外と日本、ここが違った!

2018年1月30日

 

今回は、12月頭にカナダに行って実感した『海外と日本の違いについて、忘れないうちに書き記して行こうと思います(`・ω・´)

カナダの街角での一枚
バスは上部の電線とつながっているように見えるんですが、運転しにくくないのかな…?


海外のトイレの便座は基本的に冷たい

日本だと、古い建物でなければだいたいのトイレの便座はあたたかいですし、ウォッシュレット機能もついていますよね
しかし、海外のトイレは基本的に冷たいんです
カナダの空港でも、デパートでも、ホテルでも、季節が冬でも。トイレの便座は冷たいんです…
もちろん、ウォッシュレットなんてものついてません
海外の人は日本のトイレに感動する、という話は聞いていましたが、なるほど。海外のトイレに入って、確かに日本のトイレ快適だわ、と思いましたね
新しい建物のトイレなんか、まるで部屋か? ってくらいきれいで整っていたりしますもんね

カナダのトイレの便座は冬なのに冷たい
冬なのに
寒い国なのに
冷たい
これにはちょっと参りましたね…w

それから、ハンドドライヤー(手を入れると温風が出てきて水気を飛ばすアレ)がありませんでした
手をかざすと再生紙を吐き出す機械があるので、その紙で手を吹いてポイ、という形が多かったです

結論

日本のトイレはとても快適

外に出て痛感したことの一つです(´・ω・`)


自動販売機はお店の中にしかない

こちらも、話には聞いていましたが、海外の路上には日本のように自販機がありません
日本は歩いていればどこかしらで自販機を見つけるくらい自販機の多い国ですが、海外ではそうではないんですね
自販機を見かけたのはスーパーやデパートの中。空港の中は種類も豊富で、お菓子なども売っていました
基本的に有人である施設内にしか自販機はありません
というのも、海外では路上に無防備に自販機を設置すれば、壊されてしまうんだそうです

また、日本では一般的ですが、海外の自販機にはコールド』『ホットを一つの自販機内で共存させる技術がないのだとか
あたたかいものと冷たいものが一つの自販機にある光景は日本特有らしいです
そう言われると、確かに、カナダのスーパーの中にあった自販機は冷たいペットボトルしか入っておらず、同じ種類のものが多数並んでいるだけだったような…
ここは意識して見ていなかったので断言ができませんが…

結論

海外は日本のように路上に自販機は置いていない

自販機大国、日本

安全、ゆえに路上に自販機が溢れ返っている国、日本(´・ω・`)


日本とはひと味もふた味も違う食べ物

前回、アラスカへ行ったときもたくさんの写真を撮りました
海外の食べ物って、日本では「えっ!?」って思うような色がついていたりして、何度見てもやっぱり驚きます…w

こちらはアラスカ行きのクルーズ船で撮った一枚
注目して欲しいのは右側のコーンフレークです\( ゚д゚ )/
リングタイプは日本にもありますが、こんな色味のものはありませんよね…w
挑戦心で食べてみましたが、しっくりきませんでした^p^ 味は…うーん、おいしくはなかったです…w

こちらはグランビルアイランド内のお菓子のお店ですね
カラフルなマカロンは日本でもありますが、水色はどうかなぁ…w 緑はミント的な色味を連想しますけど、水色と紫は…(゜レ゜)
カップケーキ? のクリームも、ピンクはわかるんですけど、水色と紫はどうかなぁ…w

こちらはビクトリア行きの船に乗る前、休憩所の中にあったお店をパシャリしました
りんごあめ、的なものだと思うんですけど、それにしては飾り付けがすさまじい…w
普通に拳一つ分あったので、食べるのは大変だと思います(´・ω・`)
また、この棚の左隣にはクッキーがあって、スパイダーマンやらを模していました。りんごあめはピカチュウのようにも見えるし、いいのかな…w

味付けもさることながら、見た目でもインパクトを与えてくる海外の食べ物たち
写真映えはしますけど、大人しい色の食べ物に慣れている日本人には、インパクトが強すぎるかもしれませんね(´・ω・`)

海外の食事は日本より量が多い

また、海外は基本的に日本より一回り食事の量が多いです
日本でもおなじみのスタバも、サイズがもう一段回大きい紙カップがありました。スコーンなどの食べ物も一回りは大きかったですね

こちらはカナダのスティーブストンのレストランの食事です
手のひら一つの大きさのパンにポテトが山盛り…。さすがに多すぎる!w
今回の旅行の食事でも、メインは大きいな~と感じました

海外に行くとよく「太る」と言いますが、これだけ毎日ように食べていたらそりゃあ太りますよね…w
海外の人は女性でも日本人より大きい人が多いので(縦にも横にも)、食事量も増えるでしょう。海外ではこれが普通なんでしょうね~

結論

海外の食べ物は大きさ、色味で写真映えする

日本人にとっておいしいか、口に合うかはさておき、大きくて色味のある食べ物は写真映えします(`・ω・´)
日本ではないな~ってものも多いので、食べ物だけとっても海外はらしさを味わえますね

 


 

以上、ざっくり、アリスが海外に行って思ったことを並べてみました(´ω`)

日本のトイレ環境はすごく快適なんですよ!(

自販機も、意識して街を見ていましたが、路上にはありませんでしたしね。日本じゃそこらじゅうに溢れていますけど。日本が平和って印なんでしょうね

カナダ旅行とリンクした話はここまでになるかと思います
が、次はせっかくなので、こちらのブログの方にも『アラスカクルーズ旅行』のことをざっくりまとめていけたらと思っているので、また来てくださると嬉しいですヽ(=´▽`=)ノ

今日は大晦日! みなさま、良いお年をお迎えください!

 

ランキングに参加中です! ポチッとしてもらえると励みになります❤(ӦvӦ。)

 

 にほんブログ村 旅行ブログ カナダ旅行へ